メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「ニキビの圧出管理」傷跡が残らないようにするためには?

ニキビの圧出管理、どのニキビを絞り出すべき?

ニキビは見た目にも目立つため、ニキビができた際にはとにかく絞り出さなければならないと思うだろう。しかしニキビだからといって無条件に絞り出してしまうと、ひどい傷跡を残してしまったり、むしろ状態が悪化してしまう可能性があるため、しっかりと区別して絞り出す必要がある。では、どのようなニキビを絞り出し、また絞り出した後はどのようにケアすればいいのだろうか?

ニキビを絞る前、ニキビの見分け方

ニキビを区別するためには、炎症があるのかないのかの区別が先に行われなければならない。まず、ニキビに皮脂の塊が見える場合は絞り出して良いニキビだという。一般的に炎症がある際は絞ってはならない。ニキビを触ったときに痛みを感じる場合には、白血球と細菌が戦っている過程で炎症を起こしている状態だという。また赤みを帯びているのも、炎症を起こしている状態だ。肌色のニキビは炎症を起こす前の状態だという。

絞るべきニキビと絞ってはいけないニキビ

炎症の有無にかかわらず、絞るべきものがはっきりと目に見える状態である場合には絞り出しても構わない。炎症がなく皮脂がある状態で、傷跡を作らずに上手に絞り出すことができるのなら、絞っても構わないのだ。しかし炎症を起こしていたり、触れた際に痛みを感じたり、また黄色い膿がはっきりと見える状態であるならば、薬局で売っている衛生針を購入し穴を開けて絞り出すと良いだろう。しかし、赤みがかっただけで痛くない場合には、絞ってはならないという。

ニキビ圧出、肌にどんな効果を与えるのか

ニキビを絞る理由は、早く回復するためであり、病変を大きくせず瘢痕を残さないようにするためである。ニキビの圧出後は、瘢痕が残らないようにしっかりとケアすることをお勧めする。抗生物質を塗る場合には、クレオシンダ、エスロバンなどの軟膏や冷湿布の形をした抗生物質を塗ると良いだろう。しかし医者の処方箋がなければ購入できない薬であるため、処方箋なく購入できる薬としてはフシディンがおすすめであり、ニキビパッチは絶対に貼らないことをお勧めする。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
大翔 渡辺's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する