メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「韓国に行ってBTSに会いたい」といい、家出をしたインドの13歳の学生たち…その結末とは?

.

インドの資料写真。上記写真は記事内容と直接的な関係はありません。[写真=AFP-聯合ニュース]

インドに住む10代の女子学生たちが、アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」に会うため、パスポート無しにたった22万ウォンで韓国に行こうとした事件が発生し、現地が騒然となった。

8日、現地メディアのインドNDTVによると、インド南部タミル・ナードゥ州カルール地域に住む13歳の女子学生3人が4日にK-POPグループ「BTS」を見に行くために家出したという。当時、彼女たちの予算はわずか22万ウォンで、パスポートも持っていなかった。

BTS 만나고 싶어 여권도 없이 22만원 들고 집을 떠난 인도의 10대 학생들 사진마스루브훔바이 뉴스 기사 갈무리
この3人は故郷を離れて船に乗ることにし、経由地に到着して宿舎で韓国に行く方法を探し続けたという。しかし、明確な方法が見つからず、結局再び故郷に戻ることにしたのだ。

一方、子供たちが姿を消したことを知った両親は警察に通報し、州全体で捜索が始まった。その後警察は、故郷に向かう途中で夜中に食べ物を買うため列車を降りたが列車を逃してしまったという彼女たちを発見したと報じた。

3人の学生はタミル・ナードゥ州ベロール地域の施設に預けられ、両親と一緒にカウンセリングを受けたという。ベナダヤガム・ベロア児童福祉委員長は「3人の学生はBTSの服装など非常に細かい部分まで知っており、彼らが履いているものと似たような靴を買っていた」とし、「BTSは彼女たちにとってインスピレーションの源のようだった」と説明した。

またカウンセリング結果によると、彼女たちの家庭は経済的に余裕がなく、両親が子供たちをしっかりと世話できていなかったものと判断された。

ベロア児童福祉委員会側は、カウンセリングを通じて子供たちに今回のこのような決意と行動は不適切なものであったことを思い返させると同時に、両親には子供たちに対してより積極的な指導と管理をしなければならないと話した。

3人の少女と両親は現在、電車に乗って故郷に戻ったという。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ajunews's Profile image

コメント1

300

コメント1

  • バカ臭い ステマの一種  そんなに人気があるなら アメリカで稼ぎなさい。

    タダ同然で、集客し、人気を装っても、一部のマニアしか 相手にされない。 それがアメリカの多人種国家。 インターネットで、国を挙げての偽装人気には限界がある。 インターネット

共有する