メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「ギャンブル借金75億円」の世界的なポップスター…返済不能のため定期公演契約を締結

ギャンブルにハマり、借金75億円
世界1のポップスター、ブルーノ・マーズ
パートナーシップ契約締結して定期公演

引用:Instagram@brunomars

世界的に有名なポップスター、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が、ギャンブルで5千万ドル(約75億円)もの借金を抱えたことが明らかになった。

海外メディア「8world」は18日、ブルーノ・マーズがギャンブルによる借金総額5千万ドルを返済するため、カジノと現地公演の契約を結んだと報道し、多くのファンを驚かせた。

報道によると、彼は2016年からラスベガスで運営会社の「MGMリゾーツ・インターナショナル」と長期パートナシップ契約を結び、定期的な公演を行っていることがわかった。

引用:Instagram@brunomars

関係者によると、ブルーノ・マーズはまだ無名だった19歳の時にギャンブルを始め、かつて有名なMGMリゾートでポーカーゲームに参加し、そこで5千万ドル以上を失ったそうだ。

さらに「ブルーノ・マーズがパートナーシップを通じて年間9000万ドル(約134億円)の収益を得ており、税金を差し引いた後、実際に稼いだ金額より多くのお金をカジノに返還する義務がある」と、彼が長期間公演をしている理由について説明した。

ブルーノ・マーズは現在、リゾート滞在中に無料の部屋を提供されているが、リゾートを訪れるたびにカジノに立ち寄り、ギャンブルを楽しんでいるという。

引用:Instagram@brunomars

このニュースの報道後、大きな話題を呼び、ファンはブルーノ・マーズのSNSアカウントに懸念や疑問のメッセージを残している。

ネットユーザーたちは「5千万ドルの借金を抱えているのは本当のことか」、「才能で稼いだお金をあんな風に使うなんて」、「低所得者支援という目的でお金を使っていたら、より高い評価が得られただろう」、「この世で一番心配する必要がないのは、芸能人だ」、「ギャンブル依存症だなんて、萎える」、「ギャンブルしなくても億単位で稼いでいるくせに、なんでギャンブルをするんだろう」、「ギャンブル依存症も治療が難しいらしいのに」 などの反応を見せている。

一方、このような論議が広まると、MGM側は「ブルーノ・マーズはMGMに借金をしていない。事実ではない主張だ」と公表した。

同時に、「私たちは世界的に高く評価されている非常に魅力的で才能のあるアーティスト、ブルーノ・マーズとの強いつながりを大きな誇りに思っている。MGMとブルーノ・マーズのパートナーシップには長年の歴史があり、深い相互尊重に基づいている」と述べた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する