メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

『フレンズ』の俳優マシュー・ペリーの死後、違法薬物使用に関する議論が広がる中での法的展開

アメリカの人気俳優マシュー・ペリー

死後にも違法薬物使用に関連する議論が続く

違法薬物の使用で起訴

引用=オンラインコミュニティ

アメリカの人気ドラマ『フレンズ』の俳優マシュー・ペリーの死に関連して、複数人が起訴されるとの情報が伝えられ話題となった。

海外メディアの報道によると、関係者は「まもなくマシュー・ペリーの死に関連する連邦調査が終わるに連れて、起訴の可否が決まるだろう」と述べたとのことだ。

マシュー・ペリーは昨年、ケタミンの急性作用が死因となり54歳で死亡した。

引用=ドラマ『フレンズ』

アメリカのロサンゼルス郡検視官事務所は、自宅の浴槽で意識を失って死亡していたマシュー・ペリーの死因が溺死、冠動脈疾患、オピオイド鎮痛薬のひとつであるブプレノルフィンなどであると発表した。

生前、マシュー・ペリーはケタミンを使用していると明かし、長い間薬物問題に苦しんでいたとされている。

現在、専門家はマシュー・ペリーがケタミンを不法に入手したという可能性を提起し、一部の専門家は「ペリーは治療目的ではなく、楽しみのためにケタミンを使用した可能性が高い」と述べた。

引用=Instagram@courteneycoxofficial

検視官は、「マシュー・ペリーはうつ病と不安障害に対する治療の目的でケタミン注入療法を受けており、死亡1週間半前に最後の治療を受けたとされている」と語った。

しかし、検視結果、マシュー・ペリーの体から検出されたケタミンは3〜4時間以内に投与されたものだということが明らかになり、注目を集めた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
1
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する