メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

クラブで出会った男性とキスを交わした20代の女性「キス病」に感染…「キス病」とは何なのか?

卒業を控え、クラブに行った20代の女性

ある男性とキスを交わした後から喉の痛みを感じ

「キス病」と呼ばれるEBVに感染

引用=The Sun

ある20代のイギリス人女性がクラブで出会った男性とキスを交わした後、「キス病」に感染している事が明らかになり、人々に大きな衝撃を与えた。

先月28日(現地時間)The SunやDaily Mailなどのメディアによると、ニーブ・マクレビーさん(22歳)は卒業式を控えて友人たちとクラブに行ったという。

この日、ニーブさんはクラブで初めて出会った男性とキスを交わした。翌日の朝、彼女は喉に痛みを感じ、唾を飲み込むことすら困難だったという。

彼女はすぐに病院に行ったところ、扁桃炎と診断され、抗生剤を処方してもらったが、薬を飲んでも症状は改善されず、発熱や嘔吐の症状が歩けないほど悪化したという。

引用=Kennedy News and Media

ニーブさんはもう一度病院を訪ねたところ、なんと「キス病」と診断された。

キス病は「単核球症」とも呼ばれる炎症性疾患の別名である。単核球症の約90%以上がヘルペスウイルスの一種エプスタイン・バールウイルス(EBV)の感染により発症するとされている。

キスを交わす際、EBVが唾液を通じて感染するため「キス病」と呼ばれている。主な症状は発熱、喉の痛み、ひどい疲労感などである。潜伏期間は通常4〜7週間で、一度感染するとウイルスはずっと体内に存在するという。

初めて感染した時ほどの症状は現れないが、また他の人に感染する可能性があるといわれている。

この疾患は「完治」という概念ではなく、十分な休息と水分補給などの方法で治療しなくてはならず、この病気を予防するには、個人的な衛生管理と他人との接触に注意する必要がある。

+1
0
+1
0
+1
1
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する