メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

映画最新作公開を前にウィル・スミスが「平手打ち事件」に続き、またトラブル

俳優ウィル・スミス(55歳)が運転中に速度違反をしたことが明らかになり、多くの批判を受けている。

26日(現地時間)、海外セレブ関連情報メディア「TMZ」は、俳優ウィル・スミスがアメリカのカリフォルニア州マリブに位置する高速道路で速度違反運転をしたと報じた。

ウィル・スミスは、先月22日、アメリカ西海岸のパシフィックコーストハイウェイ(PCH)で速度違反をした。情報通は「時速45マイル(時速約72㎞)に制限されたPCHで、ウィル・スミスは時速63マイル(時速約100㎞)で運転していた」と伝えた。

警察は、「ウィル・スミスは速度違反運転の容疑で罰金を払わなければならない。PCHのような高速道路での危険運転、速度違反は到底容認することはできない」という見解を発表した。罰金は400ドル(約6万円)と推定されている。

PCHはアメリカ西海岸の約900kmにおよぶ海岸線高速道路で、多くの観光客も訪れる場所だ。過去14年間、PCHでは58人の死亡事故が発生している。昨年10月には、時速104マイル(時速約167㎞)の速度で運転していたドライバーにより、4人が命を落としたこともある。

ウィル・スミスの速度違反のニュースは一気に拡散され、ネットユーザーの怒りを買った。ネットユーザーは「復帰して間もないのに事故を起こすなんて信じられない」、「気をつけないと」、「映画関係者にも迷惑だ」などの反応を見せた。

ウィル・スミスは2022年に開かれた第94回アカデミー賞授賞式で、妻である女優ジェイダ・ピンケット・スミスに向かって無礼な言葉を発したコメディアンのクリス・ロックに平手打ちをし、多くの批判を受けた。

当時、クリス・ロックがジェイダ・ピンケット・スミスのヘアスタイルをギャグのネタにし、ウィル・スミスは世界中の人たちが見ている前で暴力を行使した。妻のための行動であったが、ウィル・スミスは激しい批判にさらされ、公に謝罪した

一方、ウィル・スミスが主演を務める最新作、映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』は6月7日にアメリカで公開され、日本では6月21日の全国公開が予定されている。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ハン・アルム。's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する