メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

『三体』ファン必見!Netflixシリーズの続編決定に続き中国映画界の巨匠がメガホンをとる映画の製作決定

写真提供=JINJIN Pictures

ベストセラーSF小説『三体』の映画化が決定し、中国映画界の巨匠、チャン・イーモウ監督がメガホンをとることになった。

18日、アメリカのエンタメ専門メディア「Variety」によると、中国の3大映画スタジオの1つである「Beijing Enlight Media」のワン・チャンティエン代表が、14日に開幕した上海国際映画祭のフォーラムで『三体』の映画化を発表した。

『三体』は中国のリウ・ツーシン作家が執筆したSF小説で、全世界累計発行部数は2900万部以上を記録しており、20以上の言語に翻訳されている。

今年3月にはNetflixのドラマシリーズとして映像化され、全世界で大きな話題を集めた、5月には続編の制作も決定した。

今回、チャン・イーモウ監督は映画版の監督を務める。過去にも『三体』は中国国内でドラマ化やアニメ化されたことがあり、2016年にも一度映画化の発表があったが、8年経った今も音沙汰はなく、チャン・イーモウ監督がメガホンをとるのはその当時発表されたものとは異なる作品だ。

Varietyは「かつて中国当局の規制を受けてきたSFジャンルだが、直近10年間、中国映画産業における最先端技術を生かし、主要なジャンルに浮上し、多くのヒット作を生み出してきた」と報じた。

実際、2019年公開の映画『流転の地球(邦題)』は46億9,000万元(現在のレートで約1,020億円)を稼ぎ出し、2023年に公開された続編(*日本では2024年3月公開)も大ヒットした。

中国でSFジャンルが多くの観客に受け入れられるようになり、中国映画界を代表する映画監督チャン・イーモウ版の映画『三体』に対する期待感も高まっている。

写真提供=Netflix

特に、Netflixのドラマシリーズ『三体』が物語の前半で1960年代の文化大革命時代を描き、中国現地ではもちろん、世界的な議論を起こした点も、チャン・イーモウ監督の映画『三体』への関心につながっている。

チャン・イーモウ監督は過去に『妻への家路(2014年、2015年日本公開)』、『ワン・セカンド 永遠の24フレーム(2020年、2022年日本公開)』など、いくつかの作品で文化大革命に関するエピソードを描いてきた。

Varietyによると、ワン・チャンティエン代表は『三体』の映画化についてはまだ初期段階にあり、今後、チャン・イーモウ監督が築いていく世界観、ストーリーに期待していると語ったとのことだ。

アクセスランキング

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
マックスムービー's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する