メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「四角い顎のケア」…エラボトックスをおすすめできないタイプの人とは?

エラボトックス、どんな人に効果的なのか?

エラボトックスを受けたにもかかわらず、効果があまりなかったり、むしろ他の副作用が生じてしまったなどという人がいる。このような場合には、ボトックスを避けて他の方法を見つけなければならない。ボトックスを受けたことにより、むしろ他の部分が浮腫んで見えたり、あるいは皮膚がたるんで見えるなどの症状が表れることがある。ではなぜこのような症状が起こるのか、またどのような場合に効果がないのかについて調べてみよう。

顎ではなく耳下腺が膨らんでいる場合

顎と勘違いされやすい耳下腺の部分が膨らんでいるという人は、エラボトックスではなく唾液腺ボトックスを受けると効果的である。顎の筋肉なのか唾液腺の部分なのか分からない場合には、自己チェックをしてみると良いだろう。仰向けに寝転んだ際に、ふにゃふにゃした部分が下に垂れるような感じがする人がいるはずだ。ひどい場合には、横に広がるかのように垂れる人もいる。これは触ってみると柔らかく、歯を食いしばった状態でも動かないはずだ。

ボトックス施術後にたるむ場合

前頬側にボリュームがある人がいる。顔の前面に脂肪が多い人は、端部分にボトックスを打ち端部分のボリュームを減らすと、前面のボリュームがより際立って見える。そのため皮膚が垂れているような印象を残してしまう。このような場合は全体的な輪郭を考慮し、前方には脂肪分解注射を打ってみたりインモードを行なってみたり、またシュリンクやウルセラなどの施術もオススメである。

複数回の施術により痩せてしまった筋肉

たくさんボトックスを打つと、過剰に筋肉が減少してしまう場合がある。噛む運動をしなければならないため、むしろ他の部分の筋肉が相対的に成長してしまうのだ。このような場合には、むしろ成長した部分を施術した方が良いといえる。つまり過剰な施術により他の部位が発達してしまった場合は、時間をおいてボトックスを受けることをお勧めする。 脂肪なのか筋肉なのか、正確に顎の部分に施術が必要なのかなどを詳しく把握して適切な施術を行うことが望ましいといえるだろう。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
smilepeople's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する