メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「在庫切れ騒ぎ」を起こしたスタバのタンブラー…しかし製造成分に問題が?

STANLEYとスターバックスのコラボ
在庫切れ騒動が起きたタンブラー
鉛検出論議に騒然

Instagram

アメリカでバレンタインデー限定版として、STANLEY(スタンレー)とスターバックスがコラボし、タンブラーを販売した。この「スタンレータンブラー」は在庫切れ騒動を起こすほどだったのだが、鉛成分含有論議に巻き込まれたということが明らかになった。

29日、米フォックスニュースなどの現地メディアによると、TikTokをはじめとするSNSに、スタンレータンブラーを鉛検査キットでテストした結果、鉛が検出されたと主張する動画が多数掲載され、物議を醸したという。

公開された動画には、鉛と接触すると色が変化する溶液を浸した綿棒で、スタンレータンブラー内部の底などあちこちをこする様子が撮影されていた。

Instagram

実際にスタンレータンブラーをこすった綿棒は変色した。そしてこの動画が拡散すると同時に、消費者の不安は増大したのである。

鉛は重金属の中でも毒性のある物質で、体内で吸収し過剰に蓄積してしまうと、神経系障害や貧血、便秘、腹痛を引き起こし、小児期には成長を妨げたり、多動性障害を引き起こすこともあるという。

当動画が拡散すると、スタンレー側は底を密封する材料として鉛が一部使用されたとし、消費者と直接接触することはないと説明した。

TikTok

スタンレー側は「我々は製造過程で製品の底にある真空断熱材を密閉するために業界標準の粒子(pellet)を使用しており、その密閉材料に鉛が一部含まれている」と発表した。

さらに「一旦密閉されると、この部分(底部)は耐久性の強いステンレススチール層で覆われ、消費者は触れることができない」とし「スタンレー商品のうち、消費者が鉛に触れてしまうような部分はなく、内容物も鉛と触れることはないので安心してください」と消費者を安心させた。

一方、スターバックスとコラボした限定版スタンレータンブラーは、アメリカで消費者が開店と同時に入店するほどに在庫切れ騒ぎを起こした商品であり、オンライン中古市場では定価の10倍以上の最大550ドル(約73万ウォン)で取引されたりもしていて、大きな話題となった。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する