メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「こんなに綺麗だったっけ?」旅行者が絶賛!コタキナバル周辺のオススメの島TOP5

① 都心から近いコタキナバル島

kkday

コタキナバルはボルネオ島にあるマレーシアのリゾート旅行地である。コタキナバル島への旅行は必須コースとして挙げられ、目の前に広がるエメラルド色の海でシュノーケリングを楽しみながら海中探検をすることができる場所だ。都心から近い距離に位置しており、ボートに乗らなくても島を楽しむことができるという。

コタキナバルにある数多くの島の中で「ガヤ島(Gaya Island)」はコタキナバルで最も面積の広い島といわれている。市街地から約10分の距離にあり、アクセスしやすい島である。ガヤ島内にはリゾートがあり、宿泊も可能となっている。

ガヤ島ではマリンアクティビティはもちろんのこと、森の中をトレッキングすることもできる。澄んだ海と森が調和した綺麗な自然の中に位置していて、真の自然の旅を満喫することができるだろう。波が高くないため、子供と一緒に訪れるのもオススメである。ガヤ島の透明な海の中を泳ぎながら癒しの時間を過ごしてみてはどうだろうか。

excellenceecotours

「サピ島(Sapi Island)」はガヤ島と同じように都心から近い距離にある島である。スピードボートで約15分で行けるため、気軽に訪れることができるという。いつでも訪れることのできる場所であり、アクセスしやすい島だといわれている。

ここはトゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園を構成する5つの島の一つである。サピ島は海が浅く、安全に泳ぐことができるため、子供との旅行にオススメだ。様々なマリンアクティビティを楽しみながら時間を過ごしてみるのも良いだろう。

都心から近い島なだけあって、サピ島には観光客がとても多い。ビーチのシュノーケリングポイントは広がが、人が多いためゆっくり楽しむことはなかなかできないという。

② 幻想的な風景を誇る旅行先

dinawanisland

「ディナワン島(Dinawan Island)」は個人所有の島である。船着場から約10~15分ほどの距離にあり、陸地から近いところにある小さな島だ。

船に長く乗らなくても綺麗な海を目にすることできることから人気を集めている。ディナワン島はプライベートな島であるため、あまり知られておらず、その分ゆっくりと島の旅行を楽しむことができる。シュノーケリングやカヤック、パドルボートなどを楽しみながら時間を過ごすのに適した島だ。

ディナワン島の海はどこよりも美しく、気軽に写真を撮るだけでもお気に入りの一枚を残すことができるだろう。

freemalaysiatoday

「マンタナニ島(Mantanani island)」は船着場から約4~50分の距離にある島である。マンタナニ島は大きく2つの島で構成されていて、ビーチで水遊びができる島とシュノーケリングができる小さな島に分かれている。エメラルド色の海に囲まれた場所であり、多くの旅行者の目を惹く場所だ。

ビーチでシュノーケリングをしたり、エメラルド色の海で一日中泳ぐこともできる。元々、ここはジュゴンの生息地として有名だったのだが、現在はほとんど姿を消してしまったという。人魚伝説の主人公であるジュゴンが住んでいることで有名になり「人魚の島」と呼ばれるようになったのだ。

マンタナニ島は私有地であるため、ツアー会社を通じてのみ旅行をすることができる。マンタナニ島は距離が遠いため、事前に酔い止め薬を持参すると良いだろう。都心から近い距離にある島に比べ、はるかに透明度の高い海を楽しむことができるはずだ。

③第二のモルディブと言われている旅行先

thrillophilia

「メンガラム島(Mengalum Island)」はスピードボートで約1時間ほど移動しなければならない離島である。コタキナバルで最も美しい島として知られており、メンガラム島は距離が離れている分、真の自然景観を楽しむことができる場所だ。コタキナバルのモルディブと呼ばれているほど、優れた自然風景を目にすることができる。

メンガラム島は綺麗な自然を備えており、様々なサンゴ礁や熱帯魚が生息している。海の中が透けて見えるほどきれいな海を体験することができるだろう。真っ白な砂浜とエメラルド色の海の調和は、まるで夢を見ているかのような気分にさせるという。白い砂浜には、写真を撮るのに最適な写真スポットがいくつかある。白い砂浜の上に設置されているブランコに乗り、人生最高の写真を残してみるのもオススメだ。

メンガラム島ではシュノーケリングをしながら、様々な海洋生物を目にすることができる。ニモやカメが行き交う透明度の高い海でシュノーケリングを楽しんでみてはどうだろうか。メンガラム島は自然環境に恵まれた場所だが、距離が離れているため、往復の移動時間だけでも2時間がかかる。船酔いしやすい人は事前に酔い止め薬を飲んでから乗ると良いだろう。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ミームメディア's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する