メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

アメリカ人が「長期休暇のたびに必ず訪れる」というリゾート…その非現実的な風景とは?

① アメリカ人が休暇のたびに訪れる旅行先

휴가
blog.klm

バハマは、特にアメリカ人に愛されているリゾート地である。カリブ海に位置しており、700以上の島で構成されている場所だ。正式名称は「バハマ連邦共和国」で、ここは一年中温暖な気候であることからリゾート旅行に最適な場所だといわれている。観光産業が大きく発達しており、毎年1,000万人以上の観光客が訪れるという。フロリダ半島に近いため、主にアメリカ人が多く訪れている。

バハマの人口は約36万人で、人口のほとんどが首都ナッソーがあるニュープロビデンス島に住んでいるという。バハマはカリブ海諸国の中でも治安が安全な国で、また優れた自然環境を備えており、様々なマリンアクティビティを楽しむのに最適な場所である。

特にスキューバダイビングが有名で、眩しい海中を探検することのできる最高のマリンアクティビティだ。独特のエメラルド色の海は、見ているだけで飛び込みたくなるだろう。そのような幻想的な海の風景を満喫することができるのだ。

sandals

バハマを旅行するのに最適な時期は12月中旬から4月中旬までである。バハマはいつ訪れても良いといわれている場所だが、6~11月はハリケーンシーズンであるためできれば避けた方が良いのだ。バハマはリゾート地であるため、物価が非常に高い。アメリカと同じ、もしくはそれ以上だといえるだろう。

バハマには個人所有やリゾート所有の小さな島がたくさんあり、軽飛行機やジェット機などを利用して訪れる富裕層が多いという。高級リゾートに滞在する際は、飛行機やヘリコプターなどで送迎サービスも行っている。それくらいバハマにはラグジュアリーな高級リゾートが多いのだ。

バハマに行くにはLAから飛行機に乗り、約6時間ほど移動する。一方、バハマはタックス・ヘイブン、つまり法人や個人の所得に税金を課さないことで知られており、富裕層たちがこれをよく利用しているようだ。

②豚が主役というユニークな島

busyboater

バハマにはユニークな風景を誇る場所がある。「エグズーマ島(Exuma Island)」にあり、「豚の島」と呼ばれている場所だ。ここの正式名称は「Big Major cay」である。

ここは無人島で、豚が島の主人と言っても過言ではない。20頭ほどの豚が生息していて、この豚たちを見るためにここを訪れる観光客が多いという。バハマの代表的な観光スポットとして知られている場所だ。

豚はとても人懐っこく、観光客が島に到着すると並んで人々を迎えてくれるという。

globetrottergirls

豚と一緒に泳ぐというユニークな体験もできる。豚と泳ぐためにはツアープランを申し込まなければならず、これは約5万円相当と少し高額だが、特別な体験をすることができることから人気を集めている。

このバハマの豚の島に関しては、様々なエピソードが存在する。そのうちの一つは、数百年前にヨーロッパの船員たちが島に戻ってきた際、食料としてわざと豚を解放しておいたという話だ。しかしその後、バハマに戻ることができず、その結果豚が島を支配するようになったというのだ。またもう一つのエピソードは17世紀前後、人が飼っていた豚が野生化し、現在の豚の島となったという話である。

豚の島に行くには、ボートか軽飛行機を乗らなければならない。軽飛行機は約30分、ボートは役2時間ほどかかるという。値段はボートの方が安いが、乗り物酔いをする可能性が高いため、注意が必要だ。

ここを訪れた旅行者は「ボートが沖に近づくと、子豚たちが歓迎するかのように水中に飛び込み始めました。すごくかわいかったです」「バハマを訪れる際は、必ずここに来るべきです。素晴らしい経験と特別な体験をすることができました」「お腹が空いていると非常に攻撃的になる可能性があるので注意してください」などの口コミを残している。

③サメと一緒に泳げる場所

bahamasairtours

バハマにはサメと泳ぐことのできるサメ島もある。ここはエグズーマ島の「コンパス・ケイ」という場所だ。ここに生息しているサメは人間に脅威を与えない種類と言われている。透明な海の中でサメと一緒に特別な時間を過ごすことができるのだ。

サメと泳ぐためには、プロのガイドと一緒に泳ぐ必要があり、安全ガイドラインを遵守しなければならない。そうすることで、サメたちと一緒にのんびりとした時間を過ごすことができるだろう。実際にサメが隣を通り過ぎるときには、少し怖いようで、また不思議な気分にもなるという。サメ島を訪れる際にも、ツアープランを利用する必要がある。

バハマでシュノーケリングをしていると、サメをよく見かけることができるだろう。時折、サメに襲われて死亡したという事故も発生しているため、プロのガイドと同伴していない場合には注意が必要だ。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ミームメディア's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する