メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

室内の防犯カメラ設置禁止ポリシーによりAirbnbのプライバシー保護対策が向上

プライバシーと安全を保護
室内防犯カメラ設置禁止
インターフォンなどは許容

引用:ニュース1

世界最大のバケーションレンタルのオンラインマーケットプレイス企業であるAirbnbが、プライバシー保護のイシューにより、サイトに登録されたレンタル物件に対し室内の防犯カメラ設置を禁止すると発表した。

これまでAirbnbは、防犯カメラ設置の有無を表示し、目に見える場所への設置は許可しており、睡眠スペースと浴室及びトイレについては設置が制限されていた。

Airbnbのコミュニティポリシーとパートナーシップの責任者であるジュニパー・ダウンズ(Juniper Downs)氏は、「私たちの目標は、Airbnbに期待できる事項をコミュニティに対し、よりはっきりと提示する新たな明確なルールを作成することでした」と述べている。

引用:MBC

また、「このような変更事項はAirbnb内の様々な関係者との協議を通じて行われた。ゲスト、ホスト、個人情報保護専門家などすべての方に感謝し、私たちのポリシーがグローバルコミュニティに適用されるように継続的にフィードバックを求めていく」と述べた。

来月30日から施行される防犯カメラ政策は、室内への設置は全面禁止され、インターフォンカメラのような屋外のセキュリティカメラは許可されているという。

プライバシー擁護団体である「監視技術監督プロジェクト」は、この措置を称賛した。

引用:TASOS KATOPODIS

アルバート・フォックス・カーン(Albert Fox Cahn)常務取締役は、「寝室、リビングルーム、廊下などのレンタルスペースで盗撮されることを心配する必要はない」と述べ、「カメラを除去することはプライバシーと安全のための確実な勝利であり、私たちはこのような録画・録音装置が悪用されやすいことをわかっている」と語った。

一方、Airbnb側は、違反したホストには「登録業者の地位を失う」可能性があるというのも強調した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する