メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

海外旅行前にパスポートのトラブルが発生した場合には?旅行者が知っておくべき緊急パスポート発行ガイド

旅行前にパスポートを紛失し、傷付ける場合がしばしばある。また、後からパスポートの有効期限が切れていることに気付き、出国できない状況が発生することも。その場合、海外旅行に出発できない状況になる。

海外旅行を前にパスポートに問題が発生した場合は、どうすればいいか、その対処方法を紹介する。

引用:ニュース1

まず、やむを得ない理由により、非電子パスポートである緊急パスポートの発行を受けることができる。仁川空港でも発行することができる。資格要件を確認し、書類さえ準備すれば、韓国で最も早くパスポートを発行できる場所である。

緊急パスポートは、パスポートの破損や紛失の際に、人道的な理由や公的な業務と判断される場合に限って発行可能なパスポート。電子パスポートの発行を待つ時間がない場合、パスポートの緊急発行が必要と認められる場合のみ、申請可能だ。

引用:JTBCニュース

緊急パスポートの発行申請は、仁川空港内の窓口、第1ターミナル、第2ターミナルで受け付けている。また、16の広域自治体、25のソウル区庁、京畿地域やその他地域、国際空港近くの地方自治体、在外公館でも発行申請を受け付けている。

本人確認が不可能、又はパスポート申請者が1年以内に2回、5年以内に3回以上紛失した場合は、緊急パスポートを発行することができない。

引用:韓国・外交部

緊急パスポートの発行を受けるには、緊急パスポート発行申請理由書を作成することが求められる。また、6ヶ月以内に撮影したパスポート用の写真1枚、身分証明書、家族関係記録事項に関する証明書も必要。

大半の旅行者はパスポートの写真を持参していない場合が多い。そのため、領事窓口前には、写真撮影ブースが設けられている。また、緊急性を証明する書類などを提出する必要があるが、領事窓口前のエスカレーターにより、4階に上がると、地図上【6】番、Coffee@Works(コーヒーアットワークス)というカフェで、ノートパソコンの使用と印刷サービスを利用できる。A4用紙の金額さえ払えばよいので、気軽に利用できる。

引用:JTBCニュース

準備した書類と写真を持参し、領事窓口内に入ると、3つの項目に関する書類を作成する必要がある。作成後、発行まで約1時間30分ほどかかる。大体2時間から3時間ほどはかかると考えたほうが良い。空港到着が遅れると、緊急パスポートの発行も間に合わない。パスポート発行手数料は、53,000ウォン。

引用:JTBCニュース

緊急パスポートは、特殊な状況で一時的に発行される単発性のパスポートである。そのため、1回だけ使用可能なもの。発行回数に制限があり、1年に2回まで、5年間で合計3回まで発行できるものとなっており、事前に確認する必要がある。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ミームメディア's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する