メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

米国のZ世代が夢中になる「ガムタバコ」、その人気とリスクを分析

「ガムタバコ」として知られる「ジン(ZYN)」が、米国のZ世代(1990年代半ばから2000年代初頭に生まれた世代)の間で大きな人気を集めている。

ジンは、ティーバッグに似た15個の小さな袋が入った円形の容器に詰められており、それぞれの袋には高品質の純粋なニコチンが詰められている。

ポーチを歯茎、唇、または頬の内側に当てると、ニコチンは 20 分から 1 時間以内に歯茎を通して血流に吸収される。通常のタバコとは異なり、周囲に匂いや煙が出ない。価格は平均5ドル(約800円)で、市販されている通常のタバコ(約1300円)よりも安い。

TikTokでは、ジンを仕事や運動のルーチンに取り入れている人がたくさん流れており、大量のジンを披露する動画も見られている。

このように米国の若い世代の間で口コミが広まり、2023年だけで約3億4000万個が販売された。

しかし、有害性はまだ証明されておらず、青少年の喫煙を煽る可能性があるとの懸念が出ている。タバコ会社は、ニコチンポーチは呼吸器疾患の発生率が低いと宣伝されているが、その安全性についての証拠は明確ではない。また、ニコチンポーチもニコチン自体が体に吸収されるため、ニコチン依存症になる可能性がある。

イ・ソンギュ韓国タバコ規制研究教育センター長は、YouTubeチャンネル「スブスニュース」で、「すでにニコチンポーチを使用する『スヌース』という製品があり、この製品は通常のタバコより口腔がんの発生率が約4倍高い」と説明した。そして、「ジンには青少年が好む様々な香りと味があり、青少年の喫煙率を高める可能性がある」と懸念を示した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
etnews's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する