メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

平凡な主婦の悲劇、肺がんステージ4になった女性…その原因は?

「肺がんステージ4」の診断を受けた女性

肺に深刻な痛み

キッチンで発生する油の煙に警告

引用:Shutterstock

喫煙経験や、飲酒経験がない肺がんステージ4の診断を受けた女性のエピソードが話題になっている。

中国のウェブサイト「docnhanh」など外国メディアは、中国湖南省(こうなん省)出身の37歳のTingさんのエピソードを報道した。

Tingさんは約2年間、咳が出ており、肺に痛みを感じていた。しかし、他の症状がなかったため、病院に行くことはなかった。

その後、次第に鋭い痛みが増え、Tingさんは病院に行き、CTスキャンの結果に衝撃を受けた。

検査結果を確認した医師は「今すぐ家族に、事実を知るべきだ」とTingさんを叱った。それに対して、Tingさんは「自宅には、二人の子どもがいるが、夫は遠くで働いており家にいない。何があるのか」と尋ねた。

引用:Shutterstock

Tingさんの両肺には複数の転移性腫瘍があり、さらに検査を進めた結果、Tingさんは肺がんステージ4の診断を受けた。

Tingさんは、喫煙や飲酒経験のない自分が、肺がんステージ4の診断を受けたことに困惑していた。

医師は「喫煙の経験がなくても、肺がんになる女性患者が多い。タバコの煙だけでなく、キッチンで発生する油の煙も非常に悪い」と語った。

これを聞いたTingさんは「家には換気扇があったが、電気代を考え使用していなかった」とし、「料理後には、食欲が湧かない事が多々あった。煙を吸い込むと、非常な不快感がした」と自身の状況を説明した。

そのため、医師は「油の温度が上昇し、様々な化合物が形成される。これは人々を酔わせる。キッチンで煙を吸いすぎるなど、食欲を失い、ひどい場合には拒食症になることもある」と警告した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する