メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

iPhoneを追跡して間違った家に放火、5人死亡の罪で20代男性に懲役60年

引用:聯合ニュース

米国の20代男性がiPhoneを盗まれ、追跡を試みた結果、間違った家に報復するための放火を仕掛け、無実の家族5人を死亡させた罪で懲役60年を言い渡された。

2日(現地時間)AP通信などによると、コロラド州裁判所は同日、1級殺人と放火などの罪で起訴された男性、ケヴィン・ブイ(20歳)に対し、懲役60年の判決を言い渡したことを発表したという。

ブイと一緒に犯行に加わったディラン・シーベルト(当時14歳)は昨年、少年院での収容3年と州立刑務所での青少年収容プログラム7年の判決を言い渡され、もう一人の共犯者ギャビン・シモア(19歳)は有罪を認めた後、懲役40年の判決を言い渡された。

ブイは2020年8月5日、コロラド州デンバーの一軒家に火を放ち、家の中にいたセネガル出身の移民女性ハサン・ディオール(当時25歳)とその2歳の娘、ディオールの兄(29歳)とその妻(23歳)、そして兄夫婦の22ヶ月の娘など、家族5人を死亡させた罪で裁判にかけられた。

逮捕されたブイは犯行を認めた。

彼は警察に対し、「iPhoneとお金、靴を盗まれた後、携帯の位置を追跡をするアプリケーションを使った結果、携帯がその家にあると思い、家に火を放った」と述べ、「犯行を行った翌日、火事で亡くなった人々がiPhoneを盗んだわけではないことを知った」という趣旨の供述をしたと報じられた。

しかし、警察は彼のiPhoneが実際にどこにあったのかは明らかにしていない。

警察は事件直後、被害家屋周辺の防犯カメラ映像から犯人3人の姿を捉えた。しかし、彼らがマスクをしていたため、誰かを特定するのに数ヶ月の間困惑していた。結局、警察はその家の住所をGoogleで検索したIPアドレスを追跡する方法で犯人3人を特定した。

一方、警察はこの過程でGoogleにキーワード検索記録情報の提供を求めることもあり、これに対して一部の団体は個人のプライバシーを侵害する措置だと反発した。

+1
1
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する