メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「米国労働市場」急速な変化と金利引き下げの見通し、失業率上昇+賃金増加の緩やかな動き

引用=ClipartKorea

アメリカの労働市場の過熱が落ち着いてきていることが確認された。

5日(現地時間)労働省傘下の組織であるアメリカ合衆国労働統計局(BLS)によると、アメリカの6月の非農業部門の雇用者数は20万6,000人増加した。

経済学者たちが予想した20万人より多かったが、この日に下方修正された5月の新規雇用者数21万8,000人よりは少なかった。アメリカの5月の新規雇用者数は当初27万2,000人と推計されていたが、この日21万8,000人に急激に下方修正された。労働省はまた、4月の新規雇用者数も5万7,000人下方修正し10万8,000人に減少させた。

4月と5月の新規雇用者数も合わせて11万人下方修正された。

3日に公開された米国連邦公開市場委員会(FOMC)の先月の議事録では、労働省の雇用動向が実際よりも労働市場の状況を過大に表示している可能性があるという連邦準備制度委員会の通貨政策担当者の一部の指摘が明らかにされた。

失業率は5月と同じ4.0%を維持すると予想されたが、4.1%に0.1%p上昇した。2021年10月以降で最も高い失業率だ。

賃金の上昇圧力も緩和され、6月の平均時給は前月比0.3%、前年同月比3.9%上昇した。これは専門家たちの予想と同じ水準だ。

ゴールドマン・サックスの主席経済学者ジャン・ハッチウスはCNBCに「これは一種の着陸指標」であるとしつつ、「連邦準備制度委員会が比較的近いうちに金利を下げるという見通しを強化する」と述べた。ハチェウスは「ゴールドマンは9月が(金利引き下げのタイミングとして)最も可能性が高いと判断を続けている」と明らかにした。

トレードステーションのグローバル市場戦略責任者デイビッド・ラッセルも「労働市場は壊れていない、曲がっている」と述べ、「金利引き下げの見通しを強化する」と述べた。ラッセルは、雇用の流れが「過度に熱すぎず、過度に冷たすぎない」とし、このような「ゴールディロックス」に力を得て、連邦準備制度委員会が9月に金利を下げる可能性が高まっていると述べた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する