メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「借金に追われている韓国」引換の負担が世界4位に…国際比較で明らかになったその驚きの実態とは?

引用=ClipartKorea

昨年、韓国の家計の収入に対する借金の負担や増加速度は、世界の主要国の中で4番目に高いことが明らかとなった。高金利が長期化し、収入に対する元利金の返済負担が増えたためだと分析されている。

7日、国際決済銀行(BIS)によると、昨年の韓国家計部門の債務返済比率(DSR)は14.2%であった。これは、集計対象の世界の主要17カ国の中で、ノルウェー(18.5%)、オーストラリア(18.0%)、カナダ(14.4%)に次ぐ4番目に高い水準である。

DSRは収入に対する借金の債務返済負担を示す指標で、DSRが高いと収入に対する借金の返済負担が大きいことを意味する。BISは国民経済計算を利用して算出した17カ国のDSRを四半期ごとに発表している。

スウェーデン(12.8%)、オランダ(12.4%)、デンマーク(12.3%)なども昨年のDSRが10%を超えた。次いで、イギリス(8.7%)、フィンランド(8.0%)、アメリカ(7.6%)、日本(7.5%)、ポルトガル(7.1%)、ベルギー(6.6%)、フランス(6.2%)、ドイツ(5.8%)、スペイン(5.7%)、イタリア(4.4%)の順であった。

収入に対する借金の返済負担が増える速度も韓国が主要国の中で4番目に速かった。韓国の昨年のDSRは、前年の2022年(13.4%)と比較して0.8%ポイント(p)上昇した。

オーストラリアが3.3%p(14.7→18.0%)上昇し、ノルウェーが3%p(15.5→18.5%)上昇し、カナダが1%p上昇した(13.4→14.4%)の次である。フィンランドは0.7%p(7.3→8.0%)、ポルトガルは0.7%p(6.4→7.1%)、スウェーデンは0.6%p(12.2→12.8%)、イギリスは0.2%p(8.5→8.7%)と、1年間でDSRが上昇し、元利金の返済負担が増えた。

一方、調査対象の17カ国のうち2カ国は変動がなく、7カ国は昨年のDSRが下落した。コロナ禍の前は5~6位だった韓国の家計のDSRは、金利が急激に上昇した後、3~4位に上昇した。

コロナ19の状況以降、DSRの変動を拡大して見ると、韓国のDSRの上昇幅(2019年比)は2%pで、調査対象国の中でノルウェー(3.2%p)、オーストラリア(2.9%p)に次ぐ3番目に大きかった。

BISが集計する17カ国のDSRは、分母である収入に金融債務を持たない家計が含まれ、分子である元利金の返済額の算定時には、貸出期間を一律に適用(18年)しているため、実際よりも過小に算定された可能性が高い。ただし、家計の債務返済負担の増加速度や国際的比較には有用であると評価されている。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する