メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

【アップル】マイクロソフトを抜き、再び世界最大の企業に…!株価急騰とAI戦略が牽引

アップルは8日(現地時間)マイクロソフト(MS)を抜き、再び世界で最も価値のある企業となった。/ロイター通信

アップルがマイクロソフト(MS)を抜き、再び世界で最も価値のある企業となった。

8日(現地時間)アップルの時価総額は、3兆4800億ドル(約559兆7555億円)を超え、3兆4600億ドル(約556兆5385億円)にとどまった、MSを再び2位へ押し下げ、アップルは1位に浮上した。

この日、NVIDIAも2.6%急騰したが、時価総額は3兆1800億ドル(約511兆5007億円)で1位と、2位には及ばない結果となった。

WWDC

今年1月12日、時価総額1位の座をMSに明け渡したアップルは、先月13日、半年ぶりに1位を取り戻したが、MSが大幅に上昇再び1位の座を譲った。

今年マイナス成長率を示していたアップルは、先月10日から14日まで開催されたWorldwide Developers Conference(ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス)(WWDC)を通じて、再び1位に返り咲いた。

WWDC前、アップルの人工知能(AI)戦略が発表される期待感から株価は揺れ動いたが、WWDC初日に失望した投資家たちの遅れた歓声の結果、アップルの株価が大幅に上昇し、WWDCの5日間で、アップルの株価は38%急騰した。

大規模なサーバーとデータセンターを基盤に動作する大規模言語モデル(LLM)とは異なり、アップルのAIはiPhoneなどの携帯デバイスで動作する小規模言語モデル(SLM)であるという違いが株価急騰の原動力となった。

OpenAIのChatGPT、Google社のGeminiなどに比べて、アップル社のアップルインテリジェンス(Apple Intelligence)の性能が大きく劣らないという評価を受け懸念が歓声に変わった。

スーパーサイクル

アナリストたちは、独自のAI・アップルインテリジェンスを武器にしたiPhoneが大量の需要を創出するスーパーサイクルに突入すると予想し、次々と目標株価を引き上げている。

8日には、Mellius ResearchのBen Reitzesアナリストがこの流れに参加した。

Reitzesは、下半期のAIトレンドを主導する銘柄としてAMD、インテルと共にアップルを挙げた。

特に、アップルが今年秋にAI iPhoneを発売した場合、大量のデバイス交換需要を引き起こし、最大2年間でiPhoneの売上が20%ずつ増加すると予測した。

Reitzesは、このようなスーパーサイクルの楽観主義を基盤に、アップルの買い推奨とともに260ドル(約4万1814円)を目標株価として提示した。

代表的なアップルの楽観主義者である、Dan Ives Wedbush Securitiesアナリストもすでにスーパーサイクルの見通しを出している。

Ivesは、アップルが昨年発売したiPhone15以降からAIをサポートするという狡猾な戦略を練ったとして、これが大量のデバイス交換需要につながり、iPhoneのスーパーサイクルを引き起こすと楽観的な予測した。

Ivesは、買い推奨とともに275ドル(約4万4226円)をアップルの目標株価として提示している。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する