メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

前ニューヨーク市長、マイケル・ブルームバーグが母校ホプキンズ大学医学部に1164億円の寄付を発表!

元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ。/聯合ニュース

米・富豪マイケル・ブルームバーグ(82歳)元ニューヨーク市長は、母校ジョンズ・ホプキンズ大学医学部に対して、1164億2050万円相当の奨学金を寄付すると発表した。

8日(現地時間)、ワシントン・ポスト(WP)など海外メディアは、「母校であるジョンズ・ホプキンズ大学・医学部に対し、ブルームバーグ元市長が10億ドル(約1164億2050万円)を寄付する」と報じ、「ジョンズ・ホプキンズ大の多くの医学生が、寄付金のおかげで無償で学校に通うことができるようになった」と伝えた。

ジョンズ・ホプキンス大の医学部年間授業料は、約6万5000ドル(約1049万円)さらに健康保険料、寮費、生活費、教材費などを含むと全体の授業料は約10万ドル(約1614万円)に達する。

しかし、今回の寄付により、年間所得が30万ドル(約4842万円)未満の学生を対象として、今年9月からの新学期授業料が免除される。世帯所得が年間17万5000ドル(約2824万円)以下であれば、さらに生活費も支給される。

大学側は、新入生・在学生(約70%)がこの特典を受けられるだろうと予想した。看護学部、公衆衛生大学院、その他の大学院生に対する金融支援も増える見込みだ。

アメリカでは多額の授業料により、医学部に進学できない学生が多いとされている。アメリカ医学大学協会(AAMC)によれば、昨年アメリカの医学部卒業生の全体70%が授業料のために借金をしており、平均借金額は一人あたり20万ドル(約3228万円)にのぼる。

ジョンズ・ホプキンズ大は、今年の医学部卒業生・ローン残高は平均10万5000ドル(約1694万円)と発表した。

経済雑誌「フォーブス」基準、1000億ドル(約16兆1420億円)を保有し、世界的な富豪の一人に選ばれたルームバーグは、卒業直後より母校に対し、5ドル(約807円)の寄付を皮切りに2018年には18億ドル(約2,906億円)、今回の10億ドル(約1614億円)を含む寄付金の累計額は45億5000万ドル(約7345億8185万円)に上る。

一方、今年2月には、米ニューヨーク・イェシーバー大傘下、アインシュタイン医学部に元教授で理事長であるルース・ゴッテスマン(93歳)が10億ドル(約1614億円)を寄付し、アイズナー大学生たちは、授業料が免除となった。

同大学、児童リハビリセンターで勤務していたゴッテスマンさんは、2022年に亡くなった夫人・デイビッド・ゴッテスマンの遺産を寄付した。

また、2018年にはインテリア企業ホームデポの共同創設者である、ケネス・ランゴーン夫妻が1億ドル(約161億円)を寄付したおかげで。アメリカの私立大学であるニューヨーク大学(NYU)医学部の授業料が無料になった。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する