メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

灼熱のアメリカ!オレゴンとラスベガスで深刻な状況…記録的な熱波が続く中、死者が続出

アメリカの西部と一部の東部地域を中心に、記録的な熱波が続いており、死者が続出している。AP通信の報道によると、10日(現地時間)時点で、アメリカ人口の40%を超える1億4200万人以上が熱波警報の対象となった。

熱波警報は、西部地域と一部の東部地域に集中し、この日ネバダ州ラスベガスは、昼の最高気温が46.1°Cを記録した。

7日には過去最高気温48.8°Cまで上昇し、ラスベガスは5日連続46°Cを超える記録的な異常高温であった。

ネバダ州南部の国立気象局事務所に30年間勤めている気象学者ジョン・アデア(John Adair)は、「1937年以来、ラスベガスで記録した最高熱波だ」と述べた。

この日、デスバレーは55°Cまで上昇し、西部地域の数十か所が先週末から過去の熱波記録を更新している。

一部地域では今週中にも熱波が続くと見込んでいる。

オレゴン州は熱波の予報に備え、先に5日に緊急事態を宣告した。

9日にアリゾナ州南部と中部の一部地域では、1958年以降初めて46.6°Cに達し、この日も45.4°Cを記録した。

一方、記録的な熱波が続いているため、死者も続出している。

ラスベガスを含むクラーク郡では、今年の熱波により最低9人以上死者は発生している。当局は、実際は死者数がもっと多い可能性があると懸念している。

オレゴン州でも、記録的な熱波により、これまで8人の死者が発生したと推定している。先週末、デスバレー国立公園でバイクを運転し、バッドウォーターを旅行していた観光客が熱波に耐えられず死亡した。

専門家は「アメリカの熱波は、全世界の気温が13か月連続で以前より高く、産業化以前より1.5°C上昇している月が12ヶ月間続き、それが原因で発生している」「これは石炭、石油、天然ガスを燃焼して排出される温室ガスによる長期的な温暖化が原因である」と分析している。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
etnews's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する