メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「大きな胸のおかげで」デビューしたという女優…果たして何カップ?

ソフィア・ベルガラのSNS
ソフィア・ベルガラのSNS

女優のソフィア・ベルガラ(51)がインタビューを通じて自身の自慢の体型について説明した。

19日(現地時間)、海外メディア「The Sun」によると、Netflixオリジナル「グリセルダ」で「麻薬女王」の故グリセルダ・ブランコ役を演じ、圧倒的な演技を披露したソフィア・ベルガラがインタビューを通じて「私の大きな胸が私を(芸能界へと)導いてくれた」といい、注目を集めた。

彼女は最近、顔が変化したことからネットユーザーたちに「整形したのでは」「昔の顔がまったく残っていない」「別人のようだ」などと指摘された。

これに対し、ソフィア・ベルガラはメディアとのインタビューを通じて「私はいつもこう言いたかった。いや、それは老化というものよ! 私は年を取ったのよ! だから私の見た目が変わったように見えるのよ」と、整形疑惑をきっぱりと否定した。

また、彼女は「私の大きな胸が私を(芸能界へと)導いてくれた。モデルを始めた20歳の頃はもちろんそれが世界的な道へのパスポートだった。でも51歳になった今でもまだここにある」と、自身を際立たせるポイントが体型であることを認めた。

彼女は昨年、7年間という結婚生活を終えてジョー・マンガニエロと離婚を発表し、最近、整形外科医のジャスティン・サリマンとデートしている姿が目撃され話題になった。すでに成人を迎えた息子がいるにもかかわらず、依然として美しい体型を維持しているソフィア・ベルガラの姿に多くの人が羨望の眼差しを送っている。

一方、ソフィア・ベルガラは最近、「ナルコス」「ナルコス-メキシコ編」の制作スタッフによるNetflixの犯罪シリーズ「グリセルダ」で、幼い3人の息子と一緒にメデジンからマイアミに渡った「麻薬女王」グリセルダ・ブランコ役を演じた。彼女は実在の人物であるグリセルダ・ブランコの外見を真似るために「毎日何時間も、四角い顎を強調させるという特殊メイクをしなければならなかった」と、並々ならぬ苦悩を述べたりした。

+1
0
+1
0
+1
1
+1
0
+1
0
TVレポート's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する