メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

夏の食卓に欠かせない!さっぱりとしたヨルムキムチの自家製レシピとその楽しみ方

韓国の多くの家庭で愛される夏の特別な食べ物、ヨルムキムチ(大根の葉キムチ)の漬け方とレシピを紹介する。

引用:ニュース1

夏が近づくと、食卓に主役として上がるものがある。さっぱりとした歯ごたえのあるヨルムキムチだ。大根の葉は夏に収穫して食べるのに適した野菜で、ヨルムキムチはこの時期に欠かせない一品である。今日はヨルムキムチの漬け方とその魅力について紹介する。

まず、ヨルムキムチを漬けるために必要な材料から紹介する。大根の葉1束(約1kg)を塩漬けするために塩約1カップ、水4カップを用意する。合わせ調味料の材料は、粉唐辛子半カップ、アンチョビエキス1/4カップ、ニンニクのみじん切り2スプーン、生姜のみじん切り1スプーン、砂糖2スプーンを用意する。ニラやネギ1カップを細かく刻み、大根1/4個、玉ねぎ1/2個、人参少々を薄く切って加えると、より風味が増す。

大根の葉はきれいに洗って、根元を除いた部分を約5cmの長さに切る。根元を使う場合も、きれいに洗う。大きなボウルに水4カップと塩1カップを混ぜて塩水を作り、大根を入れ、2~3時間塩漬けする。この時、時々ボールの中身を混ぜて均等に塩漬けする。

合わせ調味料として、唐辛子、アンチョビエキス、ニンニクのみじん切り、生姜のみじん切り、砂糖を混ぜる。ここに細かく刻んだニラやネギ、薄切りにした大根、玉ねぎ、ニンジンを加えて味をよく染み込ませる。

塩漬けした大根の葉は、冷水で2~3回洗って水分を拭き取り、事前に用意した合わせ調味料を大根の葉とよく混ぜる。このとき、他に入れたい野菜を一緒に混ぜるとヨルムキムチの味が増す。

味付けしたキムチをキムチ桶に入れ、常温で1日ほど発酵させた後、冷蔵庫で保管する。冷蔵庫で1週間ほど発酵させると、ヨルムキムチはさらに美味しくなる。

ヨルムキムチは辛味とシャキシャキとした食感で、夏の食欲をそそる最高のおかずの1つである。自分で漬ける楽しみはもちろん、家族と一緒に分けて食べると、より幸せな時間を過ごすことができる。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ウィキツリー's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する