メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

荷物のアクセサリーが逆効果?スーツケース引き渡しを遅らせる意外な理由

空港でスーツケースを簡単に見つけるために、リボンやラゲッジタグなどのアクセサリーをつける行為が、逆にスーツケースの引き渡しを遅らせることが明らかになった。

引用:Pixabay*この画像は事件とは一切関係ありません。

5日(現地時間)米「ニューヨークポスト」は、荷物担当者が旅行用スーツケースにリボンをつける乗客に対する警告というタイトルの記事で、「預け荷物を、よりスムーズに見つけるためにスーツケースに、リボンやラゲッジタグをつける場合がある」とし、「しかしアクセサリーをつけたことによって、荷物引き渡し場への荷物到着が遅れる可能性がある」と説明した。

アイルランドの首都ダブリンの国際空港の荷物処理担当者の言葉を引用し、「荷物の付属品が乗客たちのスーツケースの引き渡しを遅らせる」と明らかにした。

「乗客たちが、スーツケースを識別するためにつけたリボンなどは、荷物保管所でのスキャンにおける問題を引き起こす可能性がある」とし、「スーツケースを自動スキャンできない場合、手動で処理しなければならないため、飛行機に積まれない可能性もある」と説明した。

リスーツケースにリボンやステッカー等のアクセサリーが場合、荷物が早く到着する可能性が高いということだ。

「古いステッカーは、スキャンの過程で、乱を招く可能性があるので、剥がす方が好ましい」と述べた。また、スーツケースを預ける前に、ダメージを防ぐためにはスーツケースの車輪を上に向けて置くようにアドバイスした。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する