メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

シンガポールのビーチで発見された奇妙な生物…その正体は?

シンガポールのビーチで、奇妙な形をした魚が発見され話題となっている。

引用:Instagram

4日(現地時間)に英国「デイリー・メール」が報道した内容によると、最近ある男性がビーチを散歩中に、砂の中から奇妙な形をした魚を発見したと報道した。

この魚は、砂から顔だけを出し、口をパクパクとさせ、砂の中に繰り返し体を隠していた。

これに興味を持った投稿者は、その様子を自身のSNSに魚の映像をアップし、「まるで獲物を待っているかのように、空を見上げている」と伝えた。

さらに、「形状がストーンフィッシュやスコーピオンフィッシュに似ており、体には毒を持つ棘もある」と説明した。

この映像は、20万回以上の視聴数と、100万以上のいいねを記録し、ネットユーザーたちの大きな関心を引いた。

引用:Instagramの映像

映像内魚は、ロングノーズド・スターゲイザー(長鼻の星見魚)と呼ばれ、主にインド南部、東中国海、シンガポールで確認されており、韓国南部を含む、済州島でも生息していることが知られている。

頭が大きい棒状、口は大きく上向きに開き、全世界に50種以上が生息していると推定されており、その一部は、電気を生成する器官を持っている。

砂の中に隠れながら毒で攻撃したり、電撃を与えることで、獲物を気絶させるなどの狩りをし、主に夜に活動することが知られている。

+1
2
+1
2
+1
0
+1
1
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する