メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

エルサルバドルがギャング数千人を専用の拘禁センターに移送…国際社会からは人権抑圧だとの批判も

「犯罪との戦争」を宣言したナジブ・ブケレ大統領率いるエルサルバドル政府が、最近、数千人の暴力団を一斉に専用の拘留施設に移送した。そして、その様子をおさめた写真や動画を公開し、国際社会に人権論争を巻き起こしている。

12日、エルサルバドル大統領室は、中米を拠点とするMS-13(マラ・サルバトルチャ)などの主要な暴力・麻薬密売カルテルに所属するギャングのメンバー2,000人以上をテロリスト拘禁センター(CECOT)に収容したと発表した。

これは、1日にブケレ大統領の政権2期目に突入してから10日後の出来事だ。ブケレ大統領は11日、自身のX(旧Twitter)で「今朝、私達は2,000人以上のギャングの構成員を3つの刑務所からテロリスト拘禁センター(CECOT)に移送した。そこで彼らは、国民に対して犯した罪の報いを受けるだろう」と語った。

CECOTと呼ばれるテロリスト拘禁センターは、昨年1月31日、首都サンサルバドルの南東74キロに位置するテコルカ近郊の人里離れた地域に165万平方メートルの敷地面積に、建物面積は23万平方メートルにおよぶ規模で建設された。

南北アメリカ大陸最大規模の収容所とされ、同時に4万人まで収容可能だといわれている。

高さ11m以上のコンクリート壁で囲まれ、フェンスには電線が張られており、19の監視塔、隠匿しているものがないか確認する全身スキャン機器なども設置されている。さらに、850人以上の軍人・警察官が警察犬などとともに警備を担当している。

ブケレ大統領がソーシャルメディアに公開した映像には、半ズボン姿の収容者たちが手錠をかけられ、特殊部隊の隊員の指示に従い、腰を低くして素早く移動している。そして、狭い空間に整然と並んで座っている。

2019年に行われた大統領選に当選し、最初の任期をスタートしたブケレ大統領は、5年間にわたり公権力を動員してギャング掃討に取り組み、注目を集めた。

エルサルバドルは2022年に国家非常事態を宣言し、警察が捜査令状や逮捕状、確実な証拠がなくても市民を逮捕したり、住居などを任意に捜査できるようにした。

昨年8月には、ギャングのボスに634年の懲役刑を言い渡すなど、強力な処罰も並行して行っている。

国際社会からは人権抑圧、侵害だとの批判も出ているが、2015年には10万人当たり105.2件にまで増加した殺人率が2023年には2.4件に大幅に減少し、治安を劇的に安定させたという評価もある。

ギャングの恐喝と暴力犯罪でギャングの台頭により不安を感じていた地元の人々から圧倒的な支持を受け、ブケレ大統領は今年2月の大統領選で80%以上の得票率で再選に成功した。

+1
0
+1
2
+1
0
+1
0
+1
0
佐藤美浦's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する