メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「パレスチナ・ガザ地区」休戦成立後エジプトとアメリカが地下壁の設置で合意

引用=EPA聯合ニュース

イスラエルとガザ地区の武装派ハマスの休戦を仲介しているアメリカとエジプト政府は、休戦が成立すればガザ地区の国境に地上だけでなく地下壁を設置することにした。これは、ハマスがエジプトから武器を調達しているというイスラエルの不満を鎮めるための措置と見られる。

イスラエルの英字新聞タイムズ・オブ・イスラエル(TOI)は、現地時間の8日、イスラエル陸軍のラジオ放送を引用しこれを伝えた。

放送によれば、エジプト政府はイスラエル側に人質解放と休戦交渉が成立した場合、アメリカと協力して最先端の地下壁を建設することを明らかにした。壁の建設は休戦開始初日から進める予定だ。

パレスチナのガザ地区は、エジプトの北部国境から地中海沿岸に沿って狭く長く設定された地域で、面積は約365平方キロメートル程度だ。イスラエル軍は1967年の第三次中東戦争以降38年間ガザ地区を支配したが、2005年完全に撤退している。

イスラエルは2007年、ハマスがパレスチナ自治政府(PA)を追放し、ガザ地区を占領すると、ガザ地区の国境に沿って分離壁を建設し、ガザ地区を封鎖し始めた。2021年には地下にまで伸びる分離壁が完成された。

ガザ地区と国境を接するエジプトも、ハマスがPAを追放すると国境を封鎖し、救援物資など必ず必要な物資の輸送と移動だけを許可した。

イスラエル軍は昨年10月7日、ハマスが壁を越えてイスラエルを攻撃し約1200人を殺害し、数百人の人質を誘拐すると、ガザ地区でハマスの掃討作戦を展開した。イスラエル軍はハマスがエジプトの国境を通じて軍需品を密輸していると主張し、5月にはガザ地区とエジプトを結ぶラファの検問所を占拠し、物資の通行を阻止した。

イスラエル軍はエジプト・ガザ地区の国境で以前確認されたトンネルを含む少なくとも25か所の密輸用地下トンネルを発見したと主張した。アメリカとエジプトの地下壁提案は、イスラエルをなだめるための措置と見られる。

ハマスとイスラエルは今年に入り、アメリカとエジプト、カタールの仲介で本格的な休戦案を議論したが、成果を上げられなかった。仲介に乗り出したアメリカのジョー・バイデン大統領は、昨年5月31日に3段階の休戦案を提示し、両者の受け入れを強制した。

休戦交渉は、先月ハマスの拒否により約3週間中断されたが、4日前にハマスが休戦案を修正し再開した。ハマスは休戦和解の後、16日間で兵士とこれまで解放されなかった男性の人質を解放することを約束し、これまで主張していた先制的な永久休戦要求を撤回した。これと同時に、最初の6週間の永久休戦交渉期間中にイスラエル軍の撤退と戦闘の再開禁止などを仲介国が保証することを求めた。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は交渉の再開に向けて条件を付けた。彼は7日の声明で、ハマスの休戦案の中の4つの要求を受け入れることができないと述べた。彼は「どんな和解も戦争目標を達成するまではイスラエル軍の戦闘再開を許さなければならない」と主張した。

同日、テルアビブなどイスラエル全土で、休戦交渉による人質の帰還と総選挙を求める大規模な反政府デモが行われた。

イスラエルのデモ隊はネタニヤフ首相が選挙を避ける目的で戦争を続け、休戦交渉を阻止していると主張した。匿名のイスラエルの安全保障関係者は地元メディアのチャンネル 12に「ネタニヤフ首相は交渉を望んでいるふりをしているが、実際には破棄しようとしている」と述べ、「7月24日の(アメリカ議会)演説と(イスラエル議会)休会まで時間を稼ごうとしている」と非難した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する