メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

福島第一原発沖の海水、トリチウム放出濃度が安全基準を大幅に下回る!国際原子力機関が発表

福島第一原発と沖合。/聯合ニュース

日本の東京電力福島第一原発の処理水放出後、原発付近の海岸を調査した結果、放射性核種であるトリチウム放出濃度が日本の基準を下回ったことが分かった。

国際原子力機関(IAEA)は10日、声明を通じて福島第一原発付近の海岸で採取した海水サンプルが放射性核種である、トリチウムの放出濃度が日本の運用基準(1500Bq/L)を大幅に下回ったことを発表した。

IAEAは、福島第一原発から北に約30km(約18.6マイル)離れた南相馬市北泉の浜辺から海水のサンプルを採取し、トリチウム放出濃度を測定した。

世界保健機関(WHO)が提案した、飲料水の水質ガイドライン上のトリチウム放出濃度は10,000 Bq/Lである。日本の運用基準は他の国際安全基準より厳しいと評価されている。

IAEAは「日本の運用基準より大幅に低いことは、トリチウム放出濃度が国際安全基準を満たすということだ」と説明した。

東京電力は昨年8月、福島第一原発の処理水の海洋放出を開始し、現在まで7回の放出作業を行った。

+1
1
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する