メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「日本最年少プロ」10歳の囲碁の天才少女が「韓国暮らし」を選んだ本当の理由とは?

日本最年少プロ棋士
2009年生まれの仲邑菫
囲碁留学のために韓国暮らしを始める

韓国棋院

仲邑菫は2009年生まれで、囲碁の女流棋士のプロである。

10歳でプロ棋士としてデビューし、日本棋院の史上最年少プロ記録を樹立し、日本棋院のマスコットと呼ばれている仲邑菫は昨年韓国移籍を発表し、日本の囲碁界に衝撃を与えた。

政治的な理由で反日・嫌韓意識が激化していた2018年に仲邑菫は韓国に囲碁留学をしたのだ。

その後日本で入団後、昨年11月にソウルに移籍し、再び韓国へと発った。

日本棋院は仲邑菫のために「英才特別採用システム」を作り、2019年に正式なプロ棋士の資格を与えたが、仲邑菫が韓国移籍を発表したことで彼女に対する日本の囲碁界の世論は良くなかったという。

韓国棋院

しかし、仲邑菫はもっと強くなりたいという想いから「韓国暮らし」を選んだと明かした。

「8歳の時から韓国と日本の道場を行き来しながら勉強してきたが、いつか韓国に行って暮らしてみたいと思っていた」とし「韓国は囲碁が強く、韓国で学べば勝てるはずだから」と語った。

仲邑菫の日課表は「強くなりたい」という彼女の意志を証明するかのような厳しいスケジュールだという。

毎日規則正しく夜9時に寝て朝6時に起き、囲碁を打つという仲邑菫は、土曜日も休まず道場に出て囲碁を打つのだ。

小学校2年生の頃から仲邑菫を指導しているというハン・ジョンジン師範は「最近は菫のように囲碁を学ぶために日本から韓国に留学する子供たちが増えた」とし「日本と中国のプロ棋士も韓国に留学するケースが増えている」と韓国の囲碁界の明るい未来を見通しているという。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する