メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

Appleの新しいAIシステム「アップルインテリジェンス」…音声アシスタント「Siri」と組み合わせてサービス予定

Appleの新しい人工知能(AI)システムの名前が「アップルインテリジェンス(Apple Intelligence)」として取り上げられている。新しいAIシステムは、iPhoneの音声アシスタントサービス「シリ(Siri)」と組み合わせて、より改善されたサービスを提供する見通しだ。

9日、ブルームバーグ通信などの海外メディアによると、Appleは10日(現地時間)に開催される世界開発者会議(WWDC)でアップルインテリジェンスの試用版を公開する。

Appleのアップルインテリジェンスは、画像や動画の生成などのAIサービスではなく、既存のアプリケーションをコントーロルできるAIベースのシステムになると伝えられている。音声アシスタントサービス・シリを活用したAI要約や、ユーザーの要望に合わせた「カスタムレスポンス提案」機能などを強化した。

ブルームバーグ通信は、アップルインテリジェンスにはOpenAIのChatGPTに似たようなチャットボットも利用できると予測している。Appleが新しいAI機能を強化するためにOpenAIとパートナーシップを結んだと海外メディアの報道があった。

また、特定の作業について、デバイス自体でオンデバイス形式で処理するか、クラウドサーバーに送るかを判断するアルゴリズムも搭載されると伝えられている。オンデバイスは反応速度が速く、個人情報の問題に比較的自由であるという利点がある。

アップルインテリジェンスは、Appleの新しいオペレーティングシステム(OS)iOS18に適用される予定だ。ブルームバーグは「新しいAI機能をiPadやMacで利用するには、M1チップ以上が搭載されたデバイスが必要で、iPhoneの場合はiPhone15 Proや今年発売予定のiPhone16シリーズに限定される可能性がある」と述べている。

+1
0
+1
1
+1
0
+1
0
+1
0
etnews's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する