メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

『METAL GEAR SOLID Δ: SNAKE EATER』オリジナルの魅力はそのままに没入体験が進化

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、『METAL GEAR SOLID Δ: SNAKE EATER(メタルギア ソリッド デルタ: スネークイーター)』の新キービジュアルと新トレーラーを11日に発表した。

本作は2004年にPlayStation®2向けに発売した『METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER』のストーリーやキャラクター、ゲームデザインを忠実に再現したリメイク作品だ。

公開された新トレーラーの最後では本作が「Unreal Engine 5」で開発されていることが明かされた。昨年5月「PlayStation Showcase」でリメイクが発表された際には、「シリーズの中で最も愛されている作品のひとつであり、スネークの原点ともいえる『METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER』のストーリー、ゲームデザインを忠実に再現し、現代の最新グラフィックに進化させた」という開発チームからの説明があった。

また、リメイク作の進化したポイントとして、ジャングルやキャラクターの表情を美麗グラフィックで表現したことや戦闘ダメージによる傷、あざ、弾痕まで徹底したリアリティの追求、三人称視点の「ニュースタイル」が加わったことによる圧倒的没入感と臨場感の実現をあげた。

『METAL GEAR』シリーズのプロデューサーを務める岡村憲明氏は、「『メタルギアソリッドΔ:スネークイーター』は、ストーリー、キャラクター、ボイス、ゲームプレー、音楽などはオリジナルの魅力そのままに、グラフィックやコントロールなどが現代風に進化した」とし、「原作の核はそのままに制作チームの開発に対するビジョンは変わっていない」と語った。

『METAL GEAR SOLID Δ: SNAKE EATER』は、PlayStation®5、Xbox Series X|S、Steam®などでリリースされる予定だ。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
etnews's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する