メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

70代オランダ人夫婦、長年の愛と共に安楽死を選んだ感動の最期

70代のオランダ人夫婦がともに安楽死を選択した状況が報じられ、大きな注目を集めた。

6月29日(現地時間)のBBCによると、オランダのヤン・フィーバー氏(70歳)とエルス・ヴァン・レニンゲン氏(71歳)夫婦は6月3日、一緒に安楽死を選んで人生を終えたという。

ヤン氏はオランダの青年ホッケー代表として活躍した後、スポーツコーチとして働き、エルス氏は小学校の教員だった。彼らは幼稚園の頃初めて出会い、結婚して一人の息子をもうけた。

ボートと航海を愛したこの夫婦は、結婚生活の大部分をモーターホームやボートで過ごし、貨物船を買い取って内陸水路を通じて商品輸送事業を行った。

しかし、残念なことに、年齢を重ねるにつれて、様々な健康上の問題が現れ始めた。ヤン氏は2003年激しい腰痛で手術を受けたが、改善されず、仕事を続けることもできなくなった。

2018年に教職を退いたエルス氏は、2022年11月に認知症と診断された。彼女は自分の状態が良くなる見込みがないことから、家族と安楽死について話し合った。

ヤン氏は「痛み止めをたくさん飲むとゾンビのように生きていかなければならなかった。そのため、自分が経験している苦痛と妻の病(認知症)を考えた時、これを止めなければならないと思った」と語った。

息子はこれを反対したが、結局「他の解決策がない」という結論に至った。

安楽死の前日、ヤン氏とエルス氏は息子や孫たちと一緒にビーチで散歩したり、最後の夕食を食べたりしながら時間を過ごした。

息子は「子供たちは遊んでいて、私たちは冗談を言い合っていたが、本当に奇妙な一日だった」と振り返り、「最後の夕食を食べているのを見るだけで涙が出た」と本音を話した。

安楽死が行われた日の朝、夫婦の家族や友人らは近くのホスピスに集まり、医師が到着する前に2時間にわたって思い出を語り、歌を歌った。

医師たちが到着した後、全ての手続きが迅速に進行し、医師の指示に従った夫婦は数分で世を去った。

オランダでは安楽死と協力死が合法化されている。本人が自発的に希望し、医師が「身体的または精神的苦痛が耐え難い」と評価し、改善の見込みがない場合に安楽死を選択することができる。評価は二人の医師から受ける必要がある。

2023年には、9068人が安楽死で死亡し、一緒に安楽死を選んだケースは33件で、合計66人が選んだ。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する