メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

7月サムスン、Galaxy AIと新しい通訳機能で未来を拓く

サムスン電子のMX事業部開発室長であるチェ・ウォンジュン(Choi Won-jun)副社長は、7月からKakaoTalkなどのサードパーティアプリでもリアルタイム通訳がサポートされることを示唆した。

チェ副社長は7日、サムスン電子のニュースルームでの文章を通じて、「サムスン電子のアプリだけでなく、音声電話機能をサポートする様々なサードパーティメッセージアプリにもリアルタイム通訳機能を拡大適用する予定だ」と発表した。具体的な時期については触れず、来月からこの機能を導入すると予想される。

「これにより、ユーザーは旅行中に言語の壁なく、様々なアプリを通じてリアルタイム通訳機能を活用し、複数の言語で便利にコミュニケーションをとることができるだろう」と述べ、「リアルタイム通訳はオンデバイスAIを通じて行われ、個人情報の漏洩の心配なく、無障害のコミュニケーションを提供できるようにする」と強調した。

また、チェ副社長は、来月10日にフランスのパリで発表する折りたたみ式のGalaxy Z Flip6・Fold6にもGalaxy AIを導入すると予告した。

「完全に新しいAI体験を提供するために、間もなく公開される新しい折りたたみ製品には、最適化されたGalaxy AIを紹介する予定だ」と話し、「サムスンギャラクシー(Samsung Galaxy)製品の中で最も多機能で、柔軟な形状であり、Galaxy AIと組み合わせることで、より新しく革新的な可能性を開くことができる」と語った。

最後に「私たちは、サムスンが最も得意とする方法で、より強力なAI機能を広範なギャラクシーエコシステムに適用し、モバイルAI市場の拡大をリードするだろう」とし、「モバイルAI時代が急速に進化する中で、サムスン電子は現在だけでなく、未来のための革新に向けてアクセルを踏むだろう」と付け加えた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
川田翔平's Profile image

コメント0

300

コメント0

最新 関連記事

    共有する