メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

【NVIDIA株価下落】暗号通貨マイニングで投資家を誤解させた?アメリカ最高裁がその真相に迫る

アメリカの最高裁判所が暗号通貨のマイニング収益に関するNVIDIA(エヌビディア)の訴訟を審理する。NVIDIAは下級裁判所の判決に対して、自分たちの主張を積極的に主張する方針だ。

18日、関連業界は、アメリカの最高裁判所はNVIDIAが提出した下級裁判所への控訴を受け入れたと伝えた。これにより、最高裁判所は10月に開始される次のセッションでNVIDIAの主張を審理する予定だ。

先に、NVIDIAの投資家たちは、暗号通貨関連製品の需要による売上成長を誤解させたという理由で、2018年にNVIDIAの経営陣を相手取り訴訟を起こした。これは1934年の証券取引法違反だと投資家たちは主張している。

その後、アメリカの地方裁判所は2021年にこの訴訟を却下したが、サンフランシスコの第9巡回区控訴裁判所が再審を決定した。NVIDIAのCEOジェン・スン・ファン氏が虚偽または誤解を招く可能性がある発言をし、故意または無謀に行ったと判断したためだ。

NVIDIAはこの判決が無分別で投機的な訴訟の機会を提供したと主張し、直ちに控訴した。NVIDIAは既に暗号通貨のマイニングによるビジネスへの影響を適切に公開していないという疑惑を解決するために、2022年に550万ドル(約8億6,798万円)を補償することに合意したと伝えられている。

一方、NVIDIAの株価は現地時間17日のニューヨーク証券取引所で前日比0.68%下落し、130.98(約2万円)ドルで取引を終えた。

アクセスランキング

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
hong62's Profile image

コメント0

300

コメント0

最新 関連記事

    共有する