メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

台湾歌手ジェレミー・チェンがコンサート中に見せた慟哭…天国の妻への深愛

台湾歌手ジェレミー・チェン
妻への肝移植にもためらいなし
この世を去った妻への深愛

引用:Facebook@張洪量

台湾の歌手ジェレミー・チャンが愛する妻の死を思い出し、ステージ上で慟哭した。

最近、マレーシアでコンサートを開いたジェレミー・チャンは、妻のケイト(Kate / Jekaterina Servut)に言及し、彼の姿に見守っていたファンも一緒に涙を流した。

ジェレミー・チャンの妻、ケイトは2022年に病気で亡くなった。

彼女はリトアニア共和国の体操選手で、2001年にポーランドでケイトと初めて会ったジェレミー・チャンが一目惚れし、プロポーズした。

その後、二人は2008年に正式に結婚し、21年間互いに深く愛し合いながら息子と娘も授かった。四人は幸せな生活を送っていたが、2021年に発覚したケイトの病気が悲劇の始まりとなった。

出典:Kaohsiung Chang Gung Memorial Hospital / Facebook@張洪量

ケイトは2021年末に肝硬変を発症し、肝移植手術を受けなければならない状況に陥った。

最愛の妻の健康状態が悪化する中、ジェレミー・チャンはどうにかして助けたい一心ですぐに肝臓を提供する意思を示したが適応評価の検査で不適応の結果となった。

幸いなことに、ジェレミー・チャンのいとこが条件に合致し、ケイトのために肝臓を提供することができ、高雄長庚紀念医院(Kaohsiung Chang Gung Memorial Hospital)で台湾はもちろん、アジアの肝移植および肝臓外科の第一人者と呼ばれる陳肇隆(Chen Zhaolong)医師が直接手術を行った。

ケイトの肝移植は成功裏に終わったが、手術から1年後にケイトの新しい肝臓に再び問題が発生し、病状が急激に悪化した彼女は2022年に亡くなった。

ジェレミー・チャンは愛する妻ケイトの死に大きなショックを受け、いまでも悲しみが癒えることはないが、息子と娘の世話をしながら、最近復帰したと伝えられている。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する