メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「8ヶ月で19kg減量に成功」した女性が公開したダイエット食とは?

甲状腺患者のダイエット食
8ヶ月で19kg減量
医師もオススメの秘訣

Sanook

8ヶ月で19kgの減量に成功したというダイエット食が注目を集めている。

25歳のベトナム人女性が自身のSNSを通じて、8ヶ月で19kgの減量を成功させた秘訣を掲載した。

現在、ヘルスコーチとして活動しているという当女性は「以前は体調がとても悪かった。甲状腺機能亢進症と判明され、体重が急激に増加しては体調もどんどん悪くなっていった。しかし、今は体力が有り余っている」と語った。

この女性は、呼吸困難と急速な心拍症状により病院を訪れたが、甲状腺機能亢進症と診断されたという。

その後、治療のために1日20錠以上の薬を服用したという女性は、2ヶ月の間体重が増え続けたと説明した。

また女性は「1ヶ月で体重が10kg以上増えた」とし、「医師から『甲状腺機能亢進症により代謝が普段よりもだいぶ落ちたため、適量のカロリーで計画的な食事を摂る必要がある』とアドバイスされた」と話した。

Sanook

成人女性の1日の推奨カロリー摂取量は1,600~2,400キロカロリーであるため、朝食は約400~500キロカロリー、昼食は600~700キロカロリー、夕食は400~500キロカロリー、その他のおやつは約200キロカロリーという風に分けて食事の計画を立てたという。

キッチンで自炊することにした彼女は、鶏の胸肉、魚、エビ、イカ、卵白、野菜、豆など栄養価は高いがカロリーが低い食材を選んだ。

また「以前は大好きだった砂糖、炭酸飲料、ミルクティー、ファーストフードを減らし、ほぼ完全に食べなくなった」とも説明した。

しかし、カロリーを減らすために食生活を変えたところ、女性は常に空腹感を感じ、それを克服するために食事を従来の3食から5~6食に分ける方法を取り入れたという。

最後に、こまめに運動もしたと話した。健康的に食べて運動もしたという女性は、8ヶ月で19kgを減量し、現在は48kgで甲状腺機能亢進症の症状も改善されたと述べている。

+1
6
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する