メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

辛いチップがもたらした悲劇…ワン・チップ・チャレンジ後の心肺停止事件が問いかける健康リスク

世界で最も辛いスナックとして知られる「ワン・チップ・チャレンジ」を食べた後に心肺停止で亡くなったアメリカの10代少年の死因が明らかになった。

引用:Paqui公式WEBサイト

16日(現地時間)アメリカの日刊紙ニューヨークタイムズ(NYT)によると、マサチューセッツ州の検視局がこの日公開した検視報告書には、ハリス・ウィローバ(14歳)の死因は「心肥大症と左冠動脈前下行枝の心筋架橋を患う人が高濃度のカプサイシンを含む食物を摂取したことで発生した心肺停止」であると記載されていたと行くことだ。

心肥大症とは、さまざまな原因で心臓の壁が厚くなって通常よりも大きくなった状態。また、心筋架橋は冠動脈の一部が心筋の内部に埋没している先天性の疾患で、心筋架橋がある状態では、筋肉が血管を圧迫し、稀に狭心症につながるリスクがあるとされている。

しかし検視局は、今回の事件の死因を「不明」に分類したと明らかにした。通常、死因は「自然死」、「事故」、「殺人」などに分類される。

ある小児心臓専門医はNYTに対し、「心筋架橋は、いくつかの稀なケースを除き、一般的には問題を引き起こさない」と話し、「心肥大症が蘇生を試みた結果なのか、それとも元々病気を患っていたのかはわからない」と述べた。

また、「理論的には、強い香辛料やストレスにより心拍数が上昇して酸素不足を引き起こしたことで、致命的な心室細動につながった可能性もある」と説明した。

ウィローバの母親は、この日の検視報告書に対する回答を拒否した。以前、ウィローバの母親は息子が死ぬ数時間前に食べた辛いスナックが息子の健康を悪化させたと主張していた。

ワンチップチャレンジは、アメリカの製菓会社「Paqui」が2016年に発売したスナックである。世界で最も辛い唐辛子のキャロライナ・リーパーとナーガ・ヴァイパーの粉をまぶして作られており、このスナックはカプサイシン濃度が高く、チョンヤン唐辛子(青唐辛子)より300倍、プルダックポックンミョンより500倍辛いとされている。

昨年、アメリカではソーシャルメディア(SNS)を中心に、この辛いスナックを食べた後、他の飲み物や食べ物を摂取せずにどれだけ長く耐えることができるかを証明するチャレンジが流行した。

ウィローバは死亡した日、学校で同じクラスの生徒から渡されたチップを食べた後、激しい腹痛を訴え、その日の午後、自分の部屋で倒れているところを発見され病院に運ばれたが、間も無く死亡した。

ウィローバの死後から約1週間後、製造元はPaquiの激辛チップスをすべての小売店から回収し、製品を購入した人々に対して返金措置を実施した。

製造元は「ハリス・ウィローバの死に深い悲しみを感じ、彼の家族と友人に哀悼の意を表す」と述べ、「ワン・チップ・チャレンジは成人を対象に行われ、子供や辛い食べ物に敏感な人、または基礎疾患がある人向けの食品ではないと明確に案内されていた」と声明を出した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する