メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

中国研究チーム、マッハ20のミサイルを99.7%の精度で追跡する革新的な技術を発表

中国の研究チームが音速の20倍(マッハ20)で飛行する超音速ミサイルを最大10発まで追跡できるレーダー技術を開発したと発表した。

香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、8日(現地時間)、中国の清華(Tsing Hua)大学電子工学部の鄭小平(テイ・ショウヘイ、Xiao-Ping ZHENG)教授の研究チームは、600km以上の探知範囲を持つ新たなマイクロ波光子レーダー技術を開発し、先月24日にそれに関する論文を中国の学術誌「光通信技術」(Optical Communication Technology)に掲載した。

研究チームは、今回開発したレーダーで、最大マッハ20で飛行する複数の超音速ミサイルを正確に追跡、撃墜できると説明した。地上ベースのシミュレーションで、該当レーダーは秒速約7kmで移動するミサイルを、誤差28cmで正確に追跡できたとのことだ。

なお、ミサイルの速度推定も最大99.7%まで高い精度を示し「今まで不可能だと思われた成果」であると自評した。

レーダー信号を正確に生成し測定すると、電子の急速な移動が必要であり、このプロセスによって回路基板が焼損する恐れがある。しかし、研究チームは極めて正確なレーダー信号を生成することでこの課題を克服したと述べた。

高精度レーダー信号により、主要ノード間の情報送信が光の速度に達し、レーダーシステムが超高速物体を正確に測定する複雑なマイクロ波信号を生成し、処理できるようになった。

伝統的な弾道ミサイルより速く飛行する極超音速ミサイルの追撃のポイントは、その速度と機動性を越えた正確な探知である。このため、世界各国は防空ミサイルや航空機の配置に相応しい小型、及び軽量設計した高精度レーダー開発に力を注いでいる。

専門家たちは「もし中国の今回の発表が事実であれば、世界の超音速兵器と防衛システムの開発に大きな影響を及ぼす」と見込んでいる。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
etnews's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する