メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

LE SSERAFIMが「アルバムチャート1位+YouTubeを埋め尽くす」…最短期間で1000万再生回数という新記録を叩き出した

LE SSERAFIM(ルセラフィム)が新曲リリース当日に韓国内外の各種チャートで1位を獲得し、YouTubeトレンドを占領した。

20日、レコード販売量集計サイトHanterChartによると、LE SSERAFIM(キム・チェウォン、宮脇咲良、ホ・ユンジン、中村一葉、ホン・ウンチェ)が19日午後6時にリリースした3rdミニアルバム「EASY」が発売当日に78万3,358枚を売り上げ、デイリーフィジカルアルバムチャート(2月19日付)のトップに立ったという。

LE SSERAFIMが19日午後、ソウル市城北区安岩洞の高麗大学校花井体育館で開かれたLE SSERAFIMの3rdミニアルバム「EASY」の発売記念のステージにて収録曲「Swan Song」を披露している様子 [写真=チョン・ソヒ記者]

アルバムと同名のタイトル曲「EASY」のPVは公開から約13時間後の20日午前7時14分頃、YouTubeの再生回数が1,000万回を突破した。これはLE SSERAFIMのPVの中で最短期間1,000万再生回数達成という新記録だという。そして当PVは20日0時、ユーチューブワールドワイドトレンドチャートのトップにランクイン後、午前10時まで1位を維持し続けた。さらに、「EASY」のPVは20日午前10時基準、アメリカやカナダなど5ヶ国/地域で1位を獲得しただけでなく、40ヶ国/地域のYouTube人気急上昇動画チャートにもランクインしたことが明らかになった。

新曲の人気は海外の主要チャートでも感じることができるほどだ。このアルバムは20日午前10時までに日本、カナダ、チリ、メキシコなど18の国/地域のiTunes「トップアルバム」チャートで1位を獲得したのだ。特に、世界最大の音楽市場であるアメリカと日本での成績が目立っている。当アルバムは発売直後に日本のiTunes「トップアルバム」1位にランクインし、アメリカ(2位)ではLE SSERAFIMの全アルバムの中で最も高い順位を獲得したという。

タイトル曲は20日午前10時までタイ、香港、台湾など5ヶ国/地域のiTunes「トップソング」チャート1位にランクインしていただけでなく、合計10ヶ国/地域で「トップ5」に入り込んだ。 また、「EASY」は発売当日午後8時からずっと韓国の音源サイトBucksのリアルタイムチャートで3位をキープしており、メロンのリアルタイムチャート「トップ100」では20日午前10時10位へと登りつめている。

一方、LE SSERAFIMは3rdミニアルバムの発売を記念して、YouTubeにて#MakeItLookEasyショート動画チャレンジを実施している。参加希望者はタイトル曲「EASY」を活用して自身のショート動画を作成後、#MakeItLookEasyのハッシュタグを付けて、YouTubeにアップロードすれば完了である。

+1
1
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ジョイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する