メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

20歳の頃から全身に入れ続けてきた「800個のタトゥー」を消したところ…衝撃的な反応

「全身タトゥー」のイギリス人女性
体に800個以上のタトゥー
「最も多くのタトゥーが入っている母親」

Sanook

ギネスブック記録を更新するために全身にタトゥーを入れたという女性が話題になっている。

イギリス・ウェールズ出身の46歳の女性、メリッサ・スローン(Melissa Sloan)は「イギリスで最もタトゥーがたくさん入っている母親」と呼ばれている。

メリッサは20歳で初めてタトゥーを入れ始め、次第にタトゥーの数を増やしていき、1週間に3つのタトゥーを入れたこともあるという。

そのため、これまでに全身に800以上のタトゥーを入れたという彼女は、最近思い出を振り返る旅に出ることを決意したそうだ。

Sanook

旅行に行く度に毎回夫の助けを借りていたメリッサは、今回の旅行では自分で運転をするため免許を取得しようとしたのだが、誰もが彼女を教えることを拒否し、運転教官を採用するのがとても大変だったと語った。

結局、メリッサは運転教習中に顔のタトゥーをセメントで厚く覆うことにした。

結局、メリーサは運転教習中には顔のタトゥーを隠すために、セメントのような厚さでファンデーションを塗り、タトゥーを隠したという。

彼女の素顔を見たフォロワーたちは衝撃を受けた。

Sanook

メリッサは「タトゥーを隠したほうが綺麗だと言われる」と言い、「でも、私はタトゥーを入れた顔の方が好きだ」と話した。

そして「人々が私の外見を見て不快に思っていることは知っている。でももう慣れた」とし、「タトゥーを入れるのを止めることはできなさそうだ。それはまるで腕や脚を失うような感じだからである」と話し、人々に衝撃を与えた。

さらに彼女は「私は70歳になってもタトゥーを入れ続けるつもりだ。肌に残っているシミをすべてカバーするつもりである」と、タトゥーに関する記録を樹立することを決意したという。

+1
4
+1
3
+1
4
+1
8
+1
9
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する