メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

目に「尿」を差すと視力が良くなると聞き、実際に試してみた女性の衝撃レビュー

医薬品より効果的と主張
毎朝毎晩「尿」を挿入
「信じられない」と批判殺到

出典:TikTok@mundodesuamafraile

スペインのある女性が、目に尿を差すと近視と乱視が治ると主張し、物議を醸している。

この女性は、ソーシャルメディア「TikTok」の自身のアカウントを通じて、「尿が視力低下を治療するのに効果がある」と主張し、これを証明するための経験談を公開した。

彼女は自身の近視と乱視が治るまで、毎日尿を自分の目に差したと言い、さらに効果を発揮するためには「毎日朝と夜ともに尿を目に差さなければならない」と説明した。

そのうえ彼女は、化学成分が大量に含まれている従来の医薬品よりも尿がはるかに健康的であるという主張を展開し、批判の的となった。

出典:TikTok@mundodesuamafraile

実際、尿には病気を引き起こす有害な微生物が含まれているだけでなく、膣内は酸性寄りのpH値によりバクテリアの存在、さらにバクテリアが生殖する可能性があるため、尿を目に挿入すると深刻な感染症や目の損傷を引き起こす可能性があるためだ。

この発言をした動画は80万回の再生回数と「いいね!」を記録し、オンラインコミュニティで熱い盛り上がりを見せた。

これに対し、大部分の人々は「信じられない、危険だ」とコメントし、否定的な反応を示した。

一方、尿療法や尿路療法は、20世紀初めにイギリスの自然療法家であるジョン・W・アームストロング(John W. Armstrong)によって大衆化された代替医療の一つの方法である。

このような治療法を提唱する人々は、尿で皮膚や歯茎をマッサージしたり、尿を飲んだりするなど、医療目的または美容目的で尿を利用しているといわれている。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
1
+1
1
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する