メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

韓国で大人気のキャラクター「ベリークマ」が国境を超える!日本と台湾史上へ本格進出

ロッテホームショッピングは、タイに続き台湾と日本の現地企業と独自キャラクター「ベリークマ」のIP(知的財産権)事業ライセンス契約を結び、海外市場への進出を本格化すると10日に発表した。

引用:ロッテホームショッピング

ロッテホームショッピングは昨年10月、タイの製造・流通専門企業T.A.C.C(T.A.C consumer PCL)とライセンス契約を締結した。この提携から6ヶ月後、地元のSNSフォロワー2万人を確保した。

今年はタイ最大の流通企業「CPグループ」、ロレアルグループのビューティーブランド「ガルニエ」などと協力し、現地ライセンス製品を20種類以上発売する予定だ。

台湾と日本への進出を通じてコンテンツビジネスも拡大する。ロッテホームショッピングは先月19日、台湾最大の玩具メーカー兼ライセンス会社であるLEインターナショナルと「ベリークマ」のIP使用に関するライセンス契約を締結した。台湾の文化コンテンツ市場規模は約4兆6000億円に達する。

両社は △IPを活用したライセンス商品の開発 △オフライン店舗への出店 △台湾の現地SNSの運営およびマーケティングなどに合意した。1974年に設立されたLEインターナショナルは、グローバルIPと協力し台湾1位の玩具チェーン店「ファンボックス」など、90以上のオフラインチャネルでライセンス事業を展開している。

下半期には「ファンボックス」などに「ベリークマ」のグッズを出店し、販売店を拡大する予定だ。先月には、ロッテホールディングス株式会社と「ベリークマ」の日本国内での事業展開に関するライセンス契約を締結した。初の活動として、今月3日から5日まで日本最大規模のコンテンツ展示会「第15回ライセンシングジャパン」にロッテグループの代表キャラクターとして参加した。

今後は主に地域の若者がよく訪れる場所にポップアップストアを設け、ドッキリイベントを開催する予定だ。

先月、「ベリークマ」は6月25日から7月1日までアメリカ・カリフォルニア州で開催された世界最大のクリエイター祭典「ビドコン2024」に韓国代表インフルエンサーとして参加した。

ロッテホームショッピングのイ・ボヒョンコンテンツ部門長は「タイ進出に続き、コンテンツビジネスを拡大するために台湾最大の玩具メーカー、日本のロッテホールディングスと『ベリークマ』IPを活用したライセンス契約を結んだ」とし、「今後は現地でライセンス商品をさまざまなチャネルで展示し、『ベリークマ』の知名度を上げ、ファンを獲得していく予定だ」と述べた。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する