メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

MLBカブスのコルテン・ブルワー、感情がコントロールできず壁を殴り左手骨折…60日間の負傷者リスト入り

コルテン・ブルワーはアメリカのメジャーリーグ(MLB)、シカゴ・カブスでプレーした後、怒りを抑えきれず壁を殴った。「手を折るつもりはなかったのに…」とコメントし負傷者リスト(IL)入りした。

MLB公式サイト「MLB.com」は8日、「ブルワーが左手の骨折により60日間のIL入りした」と伝えた。

ブルワーは前日(7日)アメリカ、イリノイ州シカゴのリグレー・フィールドで行われたロサンゼルス・エンゼルスのインターリーグ戦で、先発投手カイル・ヘンドリックスの後、二番手の投手としてマウンドに上がった。

写真=Newsis

カブスが0-2でリードされていた3回表で二番手の投手として登板したが、1イニングも投げきれず、マウンドを降りた彼の投球は良くなかった。

ブルワーは0.2イニングで2安打2四球3失点(1自責点)を与え、ホルヘ・ロペスと交代した。しかし、ブルワーは降板後、ダグアウトで感情を抑えきれなかった。

自分の不調な投球に怒ったブルワーは、左手でベンチの壁を殴り、大怪我を負った。ボールを投げる右手に怪我をしなかったのがせめてもの救いだった。

彼は「言い訳の余地はない」と自分の行動を後悔した。クレイグ・カウンセル監督は「失敗には代償がついてくる」とし、「選手やチームにとって不幸なことだ。ブルワーが感情に振り回されたわけではないが、失敗をした」と残念がった。

ブルワーは、2018年にサンディエゴ・パドレスのユニフォームを着てMLBデビューを果たした。2019年から2021年まではボストン・レッドソックス、昨年(2023年)はニューヨーク・ヤンキースでプレーし、今シーズンはシカゴ・カブスと契約し、怪我をした試合を含めて全16試合に出場し、20.2イニングを投げ、1セーブ、防御率5.66を記録した。

写真=Newsis

MLBの個人通算成績は100試合(120イニング)2勝5敗1セーブ、防御率5.10だ。一方、カブスはブルワーが怪我をした試合ではエンゼルスに0-7で完敗した。

しかし、8日に再び対戦した試合では5-0で勝利し、前日の敗北を晴らした。現在カブスは42勝49敗でナショナルリーグ中部地区5位、エンゼルスは37勝52敗でアメリカンリーグ西部地区4位にそれぞれ位置している。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
アイニュース24's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する