メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「80万人の未婚韓国人男性」が韓国人女性と結婚するのは難しい見込み…その理由とは?

1980~1990年代の出生児の男女比率が不均衡なことから、約70万~80万人の韓国人男性が韓国人女性と結婚できない可能性があるという分析が発表された。

独身男性(参考写真) / Rachata Teyparsit-shutterstock.com

学術ジャーナル「The Conversation」は、米国テキサスA&M大学の社会学科名誉教授であるダドリー・ポストン教授は「韓国の男女比不均衡は男性にとって残念な知らせである。男性が女性より多く、結婚の見通しは暗鬱としている」というタイトルの寄稿文を8日(現地時間)に紹介した。

ポストン教授は、韓国人男性の結婚見通しが暗鬱としている最も主な理由として、1980~1990年代の出生児の男女比の不均衡を挙げた。

彼は「ほとんどの国で女の子より男の子が多く生まれており、その比率は女の子100人当たり男の子約105~107人程度だ。男女比の不均衡は、女性が男性より長く生きるという生物学的事実への進化論的適応の結果である可能性がある。しかし、韓国の30~40年前の出生児の男女比はこれをはるかに上回る」と説明した。

実際、韓国の1985年の出生児の男女比は女の子100人あたり男の子110人、1990年は女の子100人あたり男の子115人を記録したという。2000年代初頭まで男の子の方がはるかに多く生まれていたが、2010年度に入り正常範囲へと戻った。2022年時点の出生児の男女比は、女児100人あたり男児105人である。

ポストン教授は「文化的に息子をより好む傾向は、出生率減少ほど急速な変化は見せなかった。多くの韓国人は息子を産むために、妊娠初期段階で胎児の性別を識別する技術を使用していた」と説明した。

そして「残った男の子は、大人になり結婚相手の韓国人女性を見つけるのが大変だろう。1980年から2010年まで韓国の出生児の男女比の不均衡により、女児に比べ男児が約70万~80万人多く生まれたと推定される」と語った。

最後に「このように男児が多い出生男女比は、国家自体の問題につながる。結婚市場に関連する長期的な社会問題は、今後数十年間韓国に残り続けるだろう」と指摘した。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ウィキツリー's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する