メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「美白ケア」…芸能人のように美白になる秘訣とは?

美白ケア、どういう施術をするべき?

私たちの肌の色は、細胞内のメラニン色素によって決まる。メラニン色素が少ないと、肌のトーンは明るくなるのだ。逆にメラニン色素を作り出す過程において活性化している人は、黒めの肌となる。この活性化の程度は、遺伝的に決まっているという。そのため同じ施術を受けても、明るさの最大値は決まっているのだ。それではどのような美白ケアを行なえばいいのか、調べてみよう。

肌が白くなる注射?

グルタチオンや美白注射などで美白効果をもたらすことができるが、これらの施術は定期的に受ける必要がある。だいたい10回程度で行なわれ、1週間に1回ずつ10回程受けると、メラニン活性度がある程度調整されては落ちるため、美白作用に効果的といえる。しかしこれらの施術が、肌が明るくするわけではなく、メラニン活性度を下げるため美白作用に効果をもたらす可能性があるということだ。

芸能人が急に顔が白くなる理由とは?

芸能人も一朝一夕に明るくなったわけではなく、長い間コツコツとケアをして肌のトーンを作り出している。実際、美白ケアのような施術も行なっているが、自ら行なうケアも丁寧に、一生懸命行なっているはずだ。ビタミンC、B、Eのサプリメントを摂取したり、グルタチオンのようなものを摂取している可能性もある。またビタミンの場合は食べるだけでなく、化粧品に含まれているものを塗ることでケアすることができる。

美白効果のある施術は

施術でメラニン色素を破壊した場合、その破片が体外へと排出されるには長い時間がかかる。この過程ではホームケアを並行して行わないとなかなか効果は表れない。このような施術の例としては、レーザートーニングがあり、これよりもう少し精密で集中的にメラニン色素を破壊することのできるピコトーニングなど、レーザーによる施術を行なって美白効果をもたらすこともできる。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
smilepeople's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する