メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

「死亡宣告」後、霊安室に安置された女性、5時間後に生き返る(+衝撃の実話)

グアテマラの病院で起きた出来事
オンラインコミュニティで話題
死亡宣告された女性の復活

出典:ペントハウス3

グアテマラのある病院で起きた出来事が話題だ。

最近、海外メディアは、グアテマラに位置するサン・フアン・デ・ディオス総合病院で、ある若い女性が死亡宣告後、「復活」したと報じた。

てんかん、脳性麻痺などの病歴を持つこの女性は、深刻な栄養失調で運ばれ、30分間の応急処置を受けた。

しかし、その後も呼吸、脳機能などが回復せず死亡宣告を受けた。

このため、女性の遺体は規定に従い霊安室に運ばれたが、5時間後、驚くべきことが起こった。

 出典:賢い医師生活

女性の遺体収納袋を見た病理学者は、遺体が袋の中で、もがきながら動いているような様子を発見した。

これを受けて、女性が生き返ったと確信し緊急治療室へ駆け込んだが、結局、再び死亡判定を受けた。

この過程を見守っていた現場の多くの医療スタッフは極度の恐怖を感じ、それを知った現地のネットユーザーの間でも大きな話題となった。

現地当局がこの事件を調査したところ、医療の基準上、違法性はなかったと判断されている。

一部の ネットユーザーたちは「本物の復活じゃないの?」、「復活しようとしたのに失敗?」、「実際に見た人は怖かっただろう」、「真実を知りたい」などの反応を示した。

+1
0
+1
0
+1
2
+1
1
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する