メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

食べ残しのピザを冷蔵保存した女性、驚きの理由による頭痛・嘔吐で緊急手術

食べ残しのピザを食べてリステリア菌に感染
睡眠中に目が覚めるほどの頭痛と嘔吐
緊急開頭手術を行い現在回復中

引用:Sanuk

冷蔵庫に保存した食べ残しのピザを食べた30代女性が激しい頭痛と嘔吐に悩まされたニュースが報道された。

去る4日(現地時間)、オンラインメディア「Sanuk」によると、中国福建省に住む女性A氏は夕食にピザを注文したが食べきれずに、半分は冷蔵庫に保存しておいた。

翌日の昼食に冷蔵庫から食べ残しのピザを取り出し食べ、その後眠りについたが、ひどい頭痛で目が覚めてから激しい嘔吐が始まり、病院に行ったという。

病院での検査の結果、リステリア菌への感染で脳脊髄液が層状化し、脳髄膜炎が脳炎に進行していたため、医師が緊急開頭手術を行った。

引用 : ニュース1

緊急状態にすぐに気づき、遅くならずに病院に到着したおかげで、手術後、Aさんは現在回復中であることが分かった。

リステリア菌は食中毒を引き起こす菌の一種で、乳製品からよく感染すると言われている。

また、死亡率が20%、最大50%ともっとも危険な病原体の一つであり、最適な成長温度は摂氏4-10度で、非常に速く増殖することがある。

そのため、科学者たちは「冷蔵庫に潜む殺人者」と呼ぶこともある。また、医師たちは、免疫力の低い、妊婦、子供、高齢者、ならびに癌患者は特にリステリア菌の主なターゲットとされるとみている。

+1
1
+1
0
+1
1
+1
1
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する