メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

携帯電話なしでトイレに7時間閉じ込められた女性の綿棒を使った劇的脱出方法

鍵が故障したトイレ脱出の秘訣
「綿棒」と「アイライナー」
子供の頃から憧れた『マクガイバー』の知恵

引用:BBC

トイレに7時間も閉じ込められた女性が「綿棒」を使って自力で脱出することに成功した。

世界最高の名門大学の一つであるケンブリッジ大学の学者であるクリスティーナ・イルコ(Christina Ilko 33歳)博士は、最近、ケンブリッジ大学内のタワーのトイレに7時間以上閉じ込められるという恐ろしい経験をした。

イルコ博士はクイーンズ・カレッジの建物に住んでいるが、この建物はかつて16世紀の有名哲学者エラスムスが住んでいたところで、厚い壁と重厚な木製のドアで建てられている。

イルコ博士がトイレに閉じ込められたタイミングは、大学の授業がすべて終わった木曜日だったため、博士は月曜日に誰かがトイレを掃除しに来るまで、5日間も閉じ込められたままだと考えた。

当時、携帯電話も携帯していなかった彼女は、ドアを叩いたり、肩でドアを壊そうとしたりするなど試してみたが、誰にも彼女の声は届かなかった。

水だけで何日生きられるかと考えていたイルコ博士は、何度も試行錯誤した末、有名なドラマシリーズ『マクガイバー』からヒントを得て脱出に成功した。

引用:BBC

イルコ博士が思いついたアイデアは、「綿棒」と「アイライナー」を利用することだった。

彼女は綿棒の丸い部分をフックにし、アイライナーペンシルの芯を利用してロックの穴の狭いスペースに綿棒を押し込み、7時間ぶりにドアを開けて脱出することに成功した。

脱出に成功したイルコ博士は、「子供の頃の憧れだった『マクガイバー』シリーズからアイデアを得た」と語り、「私たちはキャンパス内にエラスムスの幽霊が出没するという怪談を噂することがあるが、もしかしたら私もその幽霊の内の一人になるところだったかもしれない」と苦笑いした。

アメリカのドラマシリーズ『マクガイバー』は、主人公のマクガイバーが難関にぶつかるたびに、マクガイバーナイフと身近な材料を利用して脱出し、危機を脱するシリーズで世界中で人気を博した。

一方、このトイレのドアは、博士が閉じ込められる前にトイレを修理しに来た配管工によって、木製のドアの掛け金が壊れて故障したと推測されている。

+1
0
+1
1
+1
1
+1
0
+1
3
ノンヒョン日報's Profile image

コメント2

300

コメント2

  • 理解力の非常に高い人

    一体、何を伝えたい記事なのか?全くもって不明。アホやろ

  • 理解力の非常に高い人

    一体、何を伝えたい記事なのか?全くもって不明。

共有する