メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

興味本位でDNA検査をした娘、衝撃の結果に母が泣きながら伝えた真実

DNA検査で27年ぶりに出生の秘密が明らかに
「秘密にしてほしい」と母親が娘に懇願
長女だけが父親の子だという衝撃の真実

引用:台湾メディア「SETN三立新聞網」

DNA検査を通して27年ぶりに出生の秘密を知った女性のストーリーが話題になっている。

最近、台湾メディア「SETN三立新聞網」は、ある外国人女性が海外のオンラインコミュニティ「Reddit」に自身の出生の秘密を投稿したと報じた。

女性は、「27歳の時に興味本位でDNA検査を受けたところ、50%がロシア人という判定を受けたが、父親はフランス人、母親はイギリス人だ」と口を開いた。

もともと自分の容姿が他の姉妹に似ていないとは思っていたが、血を分けた姉妹ではないという事実はまったくの想定外であった。

引用:ドラマ『じゃがいも星 2013QR3(韓国語原題訳)』

母親にこの事実を打ち明けると、母親は娘を抱きしめて、涙を流しながら「実は過去に不貞を働いたことがある」と言い、「お父さんもすでに知っている事実だ。お父さんが許してくれたおかげで、今は何もなかったかのように過ごせている」と釈明した。

しかし、父親は娘が実子ではないということを知らない状況に、母親は「お父さんはあと2ヶ月で70歳になるのに、この事実を知ったら強い衝撃を受けるだろう」と、事実を隠してほしいと娘に頼んだ。

女性によると、調査の結果、長女だけが父親の実子

母親は娘に、「私が死んだ後に天国にいる父親に説明するから」と哀願した。

女性の投稿が公開された後、ネットユーザーは「DNAはDNAに過ぎない。父親は父親だ。あなたを育てたのはその父親だ」など、様々な考えをコメントに残した。

+1
1
+1
0
+1
1
+1
0
+1
0
ノンヒョン日報's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する