メインメニューへスキップ(上段) メインコンテンツへスキップ メインメニューへスキップ(下段)

国境を越える前に知っておくべき!パスポートの有効期限チェックガイド

海外旅行に出発する前に必ず確認すべきことがある。それはパスポートだ。パスポートを持っているだけで安心してはならない。パスポートの有効期限がどれだけ残っているかを確認する必要がある。

ほとんどの国では、パスポートの有効期限が6ヶ月以上必要とされているため、残存期間が短い場合、旅行に出発できないこともある。

それでは、パスポートを確認する際にどこを見るべきかを紹介しよう。

引用:YouTube@聯合ニュースTV

パスポートにはそれぞれの有効期限がある。パスポートの有効期限は非常に重要で、有効期限が満了したパスポートでは海外旅行に出発することはできない。また、多くの国がパスポートの残存期間6ヶ月以上必要としているため、必ず確認すべきである。しかし、全ての国がそうではない。

韓国人旅行者に人気のある日本は入国条件が厳しくない。滞在予定期間よりパスポートの残存有効期間が長ければ、問題なく旅行することができる。パスポートの残存期間が1ヶ月残っている場合、旅行が7日以内に終わるなら、入国可能という意味である。しかし、安全に旅行するためには、少なくとも3ヶ月以上残っていることが望ましい。

引用:ニュース1

香港の場合、パスポートの残存期間が1ヶ月以上残っていれば旅行が可能である。フィリピンは2015年7月にパスポートの残存期間6ヶ月以上残っていなければならないという規定を廃止した。パスポートの有効期限が満了していなければ、いつでも旅行することができる。しかし、パスポートの有効期限があまりにも短い場合、入国を拒否される可能性もあるため、事前に再発行することをお勧めする。

フランス、ドイツ、オランダ、デンマーク、ニュージーランドではパスポートの有効期限が少なくとも3ヶ月以上必要だ。

引用:YouTube@聯合ニュースTV

パスポートの有効期限が6ヶ月以上を要求する代表的な国は東南アジアだ。人気のある地域であるため、特に注意して確認する必要がある。タイ、ベトナム、ラオス、シンガポール、マレーシアはパスポートの有効期限が6ヶ月以上残っていなければならない。台湾も6ヶ月以上残っていない場合、入国できない。

アメリカは入国が厳しい国として知られている。アメリカへの旅行にもパスポートの有効期限が6ヶ月以上残っていることが望ましい。オーストラリア、イギリス、スイス、ギリシャもパスポートの有効期限が6ヶ月以上必要である。南米の国々も同様だ。

引用:YouTube@聯合ニュースTV

パスポートを用意する際にもう一つ注意深く確認すべきことがある。パスポートが破損した場合、出入国や航空券の発行に制限が生じる可能性がある。外務部は特に身元情報欄が重要だと伝えている。汚れや破れがあると問題になることがある。また、出入国とは関係ない記念スタンプや落書きがあると入国できない。

パスポートの破損に最も敏感な国は東南アジアである。マレーシアはパスポートのビザページが不足していたり、落書きや紙面の損傷によりパスポートが破損している場合、入国が拒否している。ベトナムではパスポートが破損している場合、入国が拒否される。タイでもパスポートが一部でも破損している場合、入国が拒否されることがある。

実際、このようなことは知られていないだけで日常茶飯事である。自分でも知らない汚れが原因で海外旅行に出発できなくなることもある。海外旅行に出発する前には、必ず時間をかけてパスポートを細かく確認する必要がある。

+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0
ミームメディア's Profile image

コメント0

300

コメント0

共有する